リメイクホームの外壁・屋根塗装工事はここが凄い!!

1外壁塗装は工程ごとに色を変えて合計4回塗装します。
2屋根の塗装は4工程~5工程で塗装します。
3職人10年以上の実績のある者が作業します。
4高圧洗浄は外壁や屋根だけでなく、土間や塀も全て行います。
5お客様の要望に応じて積極的に、最新の塗料も取り入れます。

お客様に満足していただくにはどうすればいいかを常に考え実行して参りました。14年で1,000件の居宅のリフォームを手掛けてきた経験を元にお客様に満足してい ただけるように努力して参ります。

 

外壁塗装はこだわりの色替え4回塗り

下塗り

外壁1回目

下地の状況に合わせて、下塗り材はシーラー・フィラー・サフェーサーの中から選定し塗装を行います。

※場合によって下地材は組み合わせて施工を致します。

中塗り

外壁2回目

下塗り終了後に塗装間隔を適切に確保してから、上塗りとは違う色を塗装いたします。この方法は公共工事で用いられる方法で、お客様も一目で手抜きをしていないという確認ができるメリットがあります。

上塗り2回

外壁3回目・4回目

下塗りと同じく、適切な塗装間隔を確保してから上塗りを同じ色で2回塗装します。

中塗りで違う色を塗装すると上塗りが実質1回塗りになり、耐久性が発揮出来ない場合があります。

また上塗りが一度だと仕上がりの面でも、中塗りの色がところどころ透けて見えてしまう場合があります。

※拡大画像はこちら

外壁塗装工事の大まかな工程

足場組 ▶ 高圧洗浄 ▶ ビニル養生  下塗り  中塗り  上塗り ▶ 上塗り(2回目) 付帯物塗装  仕上がり確認  ▶ 足場解体 ▶ 清掃 ▶ 完工検査

施工現場の環境に応じて適切な工事を行います。

屋根の塗装はこだわりの4回塗り

下塗り1回目

金属部分に錆び止めを塗布したら、一度目の下塗り材を施工していきます。(適宜施工)

 

下塗り2回目

下地調整材は2回~3回塗装します。1回だと上塗り塗料を屋根材が吸い込んでしまい、艶が引けた仕上がりになってしまいます。写真のようにしっかりと濡れ色になるまで塗装する必要があります。

※耐久性に影響します。

中塗り

屋根材の隙間の塗料が入りにくい箇所は刷毛で事前に塗装し、後からローラーで塗装していきます。

上塗り

適切な塗装間隔を確保してから上塗りの工程に入っていきます。施工の注意点は中塗りと同じです。

屋根塗装の工事工程

高圧洗浄 ▶ 錆び止め塗布 ▶ 下塗り(1回目) ▶ 下塗り(2回目)  ※タスペーサー ▶ 中塗り  ▶ 上塗り

※タスペーサーについての詳しい資料は下記をご覧ください。

■瓦屋根葺き替え工事の工事工程はこちら

タスペーサー資料

タスペーサーの有効性について

※株式会社セイム様より 動画引用

タスペーサー公式資料はこちら

屋根塗装を3回塗りと4回塗りで仕上がり比較

屋根の塗装はこだわりの4回塗装です。下塗りを1回塗布した場合と、2回塗布した場合の比較画像です。

工程1:【1回目の下塗り】

工程2:【2回目の下塗り】

工程3:【中塗り】

【中塗り比較】

工程4:【上塗り】

【上塗り比較】

下塗りシーラーを1回塗布した場合と2回塗布した場合では、明らかに上塗りの艶や色味が違うことが分かります。塗料の耐久年数も変わりますので、大切なお家を守るという意味で最適な工事をさせて頂きます。

 

屋根のカバー工法についてはこちらをご覧ください。

▼屋根カバー工法について▼

▼外壁・屋根の塗装プランについて▼

外壁・屋根塗装の工事プランをまとめました。リーズナブルだけど高品質な塗装プランから、ワンランク上のハイグレード塗装まで、様々なプランがございます。