お家の外壁の状態を確認

『家を建ててから10年以上たった』

『最近、訪問販売の営業さんがよく来る』

そんな風に感じていませんか?実際に営業さんがご自宅に来られるということは、そうったプロの目で見て『塗り替え時』だと感じるからです。『外壁塗装は10年に1度』なんて世間一般で言われるように、実際に新築で家を建ててから5~6年程から、外壁や屋根は少しずつ劣化が始まっていきます。

劣化していく部分は、誰でも見てわかるようなサインが出ていることが多いため、そういったサインの見方として『お家のセルフチェックポイント』をまとめていきたいと思います。

セルフチェックポイント

■イラストを参考に、該当している箇所がないかチェックしてみてください。

 

こんな症状、出ていませんか?

チェックポイント1 外壁

チョーキング

外壁を手で触ってみると、外壁と同じような色の粉が付着することがあります。これを『チョーキング現象』といい、塗膜が劣化すると起きる現象です。チョーキング現象が起きると塗り替えのサインだと思ってください。

 外壁材の種類によっては顔料の入っていないクリヤー塗装が施されており、劣化してもチョーキングしない場合もあるので10年を目安に専門家に診断してもらうことをおすすめします。

外壁のひび割れ

外壁にひびが起きていると外壁材自体が腐食してしまい、塗装メンテナンスが出来なくなるケースがあります。塗装によるメンテナンスが出来ない場合は外壁材の張替えをしなければならない為、多大な費用が必要になります。またその費用は塗り替えの2倍~4倍程度が想定されますので、そうならない為なるべく早く対策することをおすすめします。

コケ・カビの発生

外壁にコケ・カビ類が付着する原因は、主に日当たりが悪いことや湿気の溜まりやすい立地条件が考えられます。これらはすぐに外壁に悪さをするという心配はありませんが、塗膜の劣化が原因で発生している場合や建物自体に重大な瑕疵(かし)がある場合があるので専門家に相談し、点検していただくことをおすすめします。

外壁の浮き・反り

外壁の防水が切れると外壁材が雨水を吸収して膨張と収縮を繰り返します。その結果、外壁材が反り返る場合があり、外壁材が浮いているようにも見えます。そうすると反った隙間から水が浸入し、内側の木材が腐食したり、雨漏りを引き起こしたりします。状態がひどい時は張替えだけではなく内部の木材の補修も必要になる場合があるので、早期に専門家に相談することをおすすめします。

外壁の欠落や剥離

外壁に欠落や剥離が見られる場合は塗装によるメンテナンスが出来ない場合がほとんどです。その場合はメンテナンス方法をしっかり検討しなければなりません。簡単に塗装をすすめてくる業者には注意が必要です。原因は新築時の施工に問題がある場合が多く、気づいた時には保証期間が切れている場合がほとんどでメーカーの対応は期待出来ません。まずは建築メーカーに相談することから始めると良いですが、この状況は直ぐにでも何かしらの手入れる必要があるので注意して下さい。

外壁の結露凍害

窯業系サイディングによく起きる劣化現象の中に結露凍害と呼ばれるものがあります。原因は経年劣化により塗膜の防水効果が失われ、原料となるセメント材が湿気や水分を吸収しやすくなって起こります。外壁材が水分を含んだ箇所で気温が下がると水分が凍結し、素材が膨張や縮小を繰り返すことで外壁材の表面で障害を引き起こします。凍害が発生してしまうと建物の内部にまで被害が及ぶ場合があり大規模な補修工事をしなければならないこともあります。10年を目安に専門家に定期的な点検を依頼するか、なるべく早目にメンテナンスをすることをおすすめします。

鉄部の錆び

建物の外壁に使われる鉄部(トタン)は防水機能が劣化すると白サビが発生します。白サビは経年で徐々に赤サビに変わります。赤サビを削らずに塗装をした場合、塗装後に早期でサビが塗膜の下から出てくる為、必ず塗装前にサビを削らなければなりません。サビを削る作業は地道で費用が掛かる為、白サビの段階で早期に塗装をすることをおすすめします。また白サビは分かりにくい為、御心配な方は早めに専門家に相談することをおすすめします。

チェックポイント2 シーリング

シーリングのひび割れ・剥離

シーリングは建物内部に雨水の浸入を防ぐ役割があります。経年劣化によりシーリングのもつゴムのような弾力性を失いひび割れや剥離が起こります。シーリングが劣化すると外壁材の劣化や雨漏りの原因になりますので10年を目安に専門家に定期的な点検を依頼するか、なるべく早目にメンテナンスをすることをおすすめします。

チェックポイント3 屋根

スレート屋根

屋根はお家の中の部位で一番雨と紫外線を受ける為、劣化の速度も外壁の1.5倍と言われています。スレート屋根材は経年劣化により5年目くらいから色アセやひび割れが発生し、ひどい時は10年で欠落する場合もある為、10年を目安に専門家に定期的な点検を依頼するか、なるべく早目にメンテナンスをすることをおすすめします。

漆喰(しっくい)

屋根の漆喰が劣化すると瓦の中の土が流出してしまい、屋根の形が崩れて出来た隙間から水が入り雨漏りしてしまう場合があります。屋根の漆喰はもともと多少の調湿性があり、水分を吸収したり放出したりしていますが、経年劣化で徐々に硬くなったところに台風や地震等が起きて、剥がれてしまいます。漆喰寿命は20年程度と言われており定期的な点検とメンテナンスをすることをおすすめします。

 

チェックポイント4 ベランダの床

ベランダ床のひび割れ・浮き

ベランダの床には防水材と呼ばれる塗料やシートが施されています。防水材には様々な種類のものがありますが、どのような防水でもひび割れや浮きが起こると雨漏りを引き起こします。防水材によって劣化原因は様々ですが、ベランダ防水は防水層下部に水が浸入すると直接雨漏りすることがほとんどで、外壁や屋根より雨漏りする可能性が高い部位と言えます。10年を目安に専門家に定期的な点検を依頼するか、なるべく早目にメンテナンスをすることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?もしあなたのご自宅が新築、または塗り直しをしてから10年以上経っているようでしたら、いくつかの症状が該当しているかもしれません。

外壁塗装というのは、傷んだ箇所を修復することが目的なのではなく、お家を少しでも長持ちさせることが重要な目的の一つです。完全に悪くなってからだと、余計なコストがかかってしまうことも考えられます。

もし気になるようでしたら、大事になる前に一度ご相談ください。点検・お見積りは無料となっておりますので、お気軽にどうぞ。