屋根のカバー工法のご提案

屋根リフォームには3パターンあります。それは塗装工事・葺き替え・カバー工法です。それぞれの工法にはそれぞれのメリット・デメリットがありますが、弊社が特にお勧めするのは屋根の塗装工事とカバー工法です。屋根カバー工法とは既存の屋根の上に軽い金属屋根を重ねて張る工事方法で、以下のようなメリットがあります。

屋根カバー工法のメリット

メリット1
・・・屋根の葺き替え工事と比べ、既存屋根の撤去費用やそれにかかる人件費、そして廃材処理費用を大幅に削減できます。

メリット2
・・・断熱性、遮熱性の向上が見込めます。雨音等の防音性も期待できます。

メリット3
・・・劣化速度を大幅に遅らせることができるので、塗装などのメンテナンスの周期が長い

メリット4
・・・2004年(平成16年以前)以前に製造されたスレート屋根材はアスベストが含まれています。発癌物質として現在は販売されていませんが、既存屋根に使用されているケースの場合、屋根を解体しないためアスベストを放出する危険がない。

施工前

施工後

屋根の板金カバー工事に関しましてのご相談も、お気軽にお問合せください。

■お問合せはこちら■