尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区で地域密着!

外壁工事・屋根工事・防水工事、各リフォームお任せください、リメイクホームです。

先日、尾張旭市で屋上防水(ウレタン防水通期緩衝工法)の施工を任せて頂きました。

屋上防水は、陸屋根になっているお家の方は気になる部分の1つではないでしょうか。今回は、屋上防水工事で何種類かある中からウレタン防水通期緩衝工法の施工の流れをご紹介したいと思います。

過去にも尾張旭市・瀬戸市・長久手市・守山区でお世話になったお客様のお宅を元に防水工事について掲載させて頂いています。詳しいしりたいなという方は是非こちらのリンクから記事読んでみてください。

ベランダの防水工事の必要性!『FPR防水』『ウレタン防水』を比較 | RemakeHome (remake-home.net)

ベランダ防水トップコート仕上げ | RemakeHome (remake-home.net)

ベランダ防水・ベランダ板金工事・破風板板金工事 ☆瀬戸市やまて坂☆ | RemakeHome (remake-home.net)

それでは、施工の流れはこちらです↓↓

こちらの写真は、施工前の屋上になります。完成時には屋上がすっごくキレイで雨漏りの心配もなくなるぐらいすっごくキレイな屋上になるんです!!

まず初めに高圧洗浄をかけていきます。

 

 

 

 

こんなに綺麗に洗浄できました。

そして次に下地処理を行います。

 

 

 

 

立ち上がり(側面)部分や屋上全面に、ひび割れなど悪くなっている部分を補修したりして下地処理を進めます。

下地処理ができれば、プライマー(接着材)を塗布していきます。プライマーの次に施工する材料の密着をよくするためです。

 

 

 

 

しっかりプライマーを塗布した後は、通気シートやクロス張りを行います。

下地の上にウレタン防水を流し込んでしまうと塗膜が膨れ上がってしまう可能性があるからです。

湿気等を逃がすためにも通気シートを敷ける部分には通気シートを敷き、立ち上がり部分はクロスを張っていきます。

そして次に、脱気筒を取り付けていきます。こちらの煙突のような物が湿気を逃がす部分です。

これまでの施工をしっかり行ったうえでいよいよウレタン塗料を2回流し込んでいきます。

1回目

2回目

最後にトップコートの塗布です。ウレタンの防水層を紫外線から守るために行います。

たくさんの工程を進めてようやくウレタン防水の完成です^^

これで雨漏りの心配もなく安心できますね^^

屋上防水、ベランダ防水、防水工事なんでもご相談ください!!

専門スタッフがお家にあったご提案を致します!

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市 名古屋市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。