シーリング撤去打替えについて 尾張旭市M様邸

 

結論から言って目地の隙間のシーリング(コーキング)は一度取ってから塗装します。

外壁塗装を行う際に下地処理としてシーリングの撤去は欠かせない重要な工程です。
今回その下地処理の一種として、シーリングの撤去と打ち替えについて記事を書かせていただきます。

まずシーリング(コーキング)というのは建築物などの隙間に水が入らないように密封する為の建材で、防水性と弾力性があります。
シーリングは建築物が振動などで揺れても割れないように設計された防水材で古く昔から使用され続けています。
今回の様な外壁材は建物の振動を吸収する為に、シーリング材で目地の隙間を埋めて防水をします。

リフォームの場合は劣化したシーリング材が既に設置されている為古いシーリング材は撤去する必要があります。その時に外壁の断面に下記の写真ようにシーリングが残っているのはあまり好ましくありません。
次の写真くらい綺麗に撤去されていると完璧です。

正直ここまで綺麗にシーリングを撤去する業者は少ないと思いますが、愛知県の尾張旭市の塗装専門業社の当社ではこれくらい丁寧にシーリングを剥がすのを基準に仕事を行なっております‼︎

シーリングを打つ前にプライマー処理をします。

下記に添付の写真はプライマーという接着剤を塗っている写真で接着剤なしでシーリングを設置してしまうと、密着性が悪く、すぐに剥がれてきてしまう可能性があります💦

外壁塗装を注文される場合は自分の家に必要な下地処理が何なのか、しっかり業者さんに相談しましょうね^ ^

最後にシーリングを施工して終わりです。

長文ですがいつも読んでくださっている方々誠にありがとうございます。

これからも皆様のお役に立てる記事が書けると嬉しく思います。

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。