愛知県瀬戸市で築40年のフローリングリフォーム

前回もフローリングブログでしたが、今回も同様にフローリング工事のブログを上げさせて頂きます。

前回はマンションのフローリングでしたが、今回は瀬戸市東松山町にある戸建て住宅で築40年以上になるI様宅のフローリング工事を行わせて頂きましたので、参考にしてみて下さい!(^^)

元々フローリングが軋んできており、このままでは床が抜けてしまうのではないかとお客様が心配している事から今回フローリングからクッションフロアにする工事を行わせて頂きました。

↑既存の状態です

ここで問題が一つありました。従来のフローリングの工法だと、、、

古い家 フローリング 構造 に対する画像結果

このように捨て貼り合板というのが存在しておりますが、こちらの住宅では、この捨て貼りが流行る前に施工されていたので、根太という柱に直接フローリングを打ち付けてありました。

捨て貼り合板が無い事によって床の高さ調整(レベル調整)を下地組みの際にしなくてはなりません。

今回の工事ではここが工事におけるポイントとなりました!

今回予算等の関係でキッチン部分等はそのままでなるべく際の所までのフローリングを切断してクッションフロアにさせて頂きました。

また、築40年以上経過しているという事もあり、フローリングのカットに始まり、、、

愛知県瀬戸市 築40年の既存フローリングの撤去

↑既存フローリングのカット・処分(丸ノコが入るギリギリまでカットしていきます)

 

 

↑根太の補強・木下地に白蟻防除用専用の塗料を塗る(水廻りの木材には特に入念に塗り込みます)

既存の根太や大引きは40年が経過していても大変丈夫でした!

ですが、キッチンの下部が一部白蟻に喰われていました、、、

愛知県瀬戸市 築40年の既存フローリングの下地、断熱材の取り付け

↑断熱材を隙間無く入れていきます。(既存は断熱材がありませんでしたので、入れさせて頂きました)

↑合板を貼った後、板と板の隙間をパテで埋めていきます。パテ処理が上手くいかないとクッションフロアを貼った際に凸凹になってしまいますので、職人さんの腕が必要な所です!!

↑完成です!木目調のクッションフロアを使用しましたので、全体の雰囲気も損なわない仕上がりになりました!

既存のフローリングにもクッションフロアを貼っておりますので、継ぎ目がなく綺麗になっております。

また、フローリングから断熱材を入れてクッションフロアを貼った事により、以前は素足だとヒヤッとしていましたが、施工後は素足でも底冷えしなくなり、お客様にも以前と全然違うと大変好評でした!(^^)!

この工事はお家に住みながら施工を行わせて頂き、3日で工事完了致しました!!

リメイクホームでは予算に応じて最適な提案をさせて頂いております、またその時だけではなく、工事後5年、10年後に工事をして良かったと思って頂けるような提案をさせて頂いております。

外装関係・内装関係で気になる方はお気軽に連絡お待ちしております ^^)

弊社では社員で内装関係のプロフェッショナルがおりますので、これどうなんだろう?という疑問や他社さんでも難しいと言われた内容でもお気軽に相談して下さい!

なんちゃって資格を持ってアピールしている所もあると聞きますが、国家資格である2級建築士の資格者が常駐しておりますので安心してご相談下さい<m(__)m>

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。