皆さんは雨樋のメンテナンスをどれくらいの頻度で行っていますか?

まず、この時点で「やったことないよ」という方がかなり多いのではないでしょうか。

実は雨樋というのは雨漏り対策にも重要な役割を果たす、住宅に欠かせない一部なんです。

雨樋の役割

それでは、住宅に必ずついている雨樋はどのような役割を果たしてくれるのでしょうか。

雨樋の一番の役割として、降った雨を一カ所に集めて、流していくという仕事があります。
なんとなくここまではイメージがつくかと思いますが、雨樋が無かったら、または劣化、破損していたらどうなってしまうのでしょうか。

雨樋の果たす役割として更に3つに分けて話していきます。

外壁や基礎を守る

極端な例ですが雨樋がない場合、屋根に当たった雨はそのまま地面に落ちいていきます。
屋根から落ちた雨水は地面に勢いよく当たり、弾かれ外壁や基礎部分に直接あたることになります。
本来当たらない部分に雨水が当たるため、劣化を速める結果になってしまいます。

また、屋根の下がコンクリートだった場合はまだしも、舗装していない砂利だった場合は細かな砂などが雨水と共に直接あたることになるため、外壁や基礎に対して雨が降るたびにダメージを与えることになります。

雨漏り対策

例えば、2階の屋根から1階の屋根にピンポイントで雨水が落ちている場合、通常の雨の量では侵入しない雨水が瓦の間から入ってしまうというケースがあります。
屋根というのは雨風をしのぐためには作られていますが、大量の水を長時間ピンポイントで落とされるようには作られていません。そのため、直接雨水を落とされている状況下では屋根の劣化を速めることにもなります。
ちなみに、雨漏りの連絡があり行ってみると、原因は雨樋が劣化していたため、そこから水漏れし雨漏りになったというケースもあります。

騒音対策

雨樋からの雨漏りが原因でカーポートや波板に直接水が落ち、大きな音がしているというケースがあります。
この音は不規則で響くような音になるため、実際にその住宅に暮らしている人だけでなく周囲の方にも迷惑をかけることになりかねません。
ご近所トラブルを避ける面でも発覚したらすぐに修理した方が良いでしょう。

セルフメンテナンスの方法

雨樋のメンテナンス方法はいくつかありますが、実際に目視で確認するには屋根に上り、雨樋の上から確認する必要があります。
危険ですので絶対やめましょう

雨樋の不具合の原因として落ち葉やごみの詰まりや、昆虫など死骸が溜まり、機能面、排水面の低下などが考えられます。

まずできることは、修理を依頼するのではなく、調査を依頼してみましょう。
これで業者による点検が入れば原因はわかってきます。

そして、時々雨の日に雨樋からの水漏れがないかを外から確認してあげることです。
これは、業者を通さなくてもご自身でできることですので定期的な観察をおすすめします。

その時のポイントとして上を見がちですが、良く見てほしいのはその下の外壁です。
一カ所だけ妙に汚れている。コケが生えている。などの症状があったときはもしかしたら雨樋から水漏れしている可能性がありますので注意してみてください。

 

火災保険の利用

住宅のリフォームやメンテンナンス、気になるのはその金額ですよね。
雨樋の修理にもいろんなケースがありますので、価格も10~100万円とかなり幅が広いです。

そこで加入している火災保険を利用できないかということになりますが、火災保険を利用して無料で修理することはできます。
しかし、それぞれに条件があります。

「風災、雹(ひょう)災、雪災」が補償内容に入っているか

が重要なポイントになります。

注意してほしいのは「経年劣化」は対象にならないということです。
例えば、台風後すぐに雨樋からの雨漏りが確認できなくしばらく放置してしまった。というケースもありますよね。
それに関してはあきらめなくても大丈夫です。
自然災害の場合は発生から3年以内に申請すればOKという決まりがあります。

ここでご紹介したのはあくまでも一般的な考え方なので、保険内容に関しては皆さんが加入している保険会社や証券などから確認してみてください。

愛知県尾張旭市、瀬戸市 長久手市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。