外壁の色褪せやチョーキングが発生し、外壁塗装を検討している方はいつやるのがいいのかと迷うところです。外壁塗装は大きな買い物なので施工中の条件も大切にしたいところですよね。

今回は外壁塗装をするうえでベストなシーズンはあるのか、春夏秋冬それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

外壁塗装のベストシーズン

はじめから元も子もないことを言いますが、この時期にやれば確実に最高の条件です!と言い切れるシーズンはありません。

それよりも悪い条件を避けることが大切です。

外壁塗装に適さない条件とは、例えば、

「気温5℃以下、湿度85%以上」

と言われたりもします。

なぜなら塗料というのは乾燥させる必要があるからです。雨季に施工する場合、万が一雨水が混ざったら仕上がりも悪くなり、乾燥が不十分で重ね塗りをしていくと、時間が経ってから塗装がはがれていく原因になりかねません。

 

季節ごとのメリット・デメリット

上記のように避けなければいけない条件をしっかりと把握して季節を選んでいく必要がありますが、真冬と雨季を避ければどこでも大丈夫というとそうではなく、実際には季節ごとにメリット・デメリットがあります。

 

春はデメリットとして春雨前線の影響で雨が降る可能性がありますが、急激に天候が変わるということは少ないです。

気温もそこまで高くならずに安定した施工ができると言えます。そのため、スケジュールも立てやすいです。

気温、湿度ともに安定しているため施工不良やヒューマンエラーのリスクも少ないです。

「梅雨に入る前に」と需要が高まる時期でもあります。春に検討される方は早めに動かれた方が良いでしょう。

 

 

昨今の夏の暑さは異常ともいわれるほどです。

塗料も少なからず暑さの影響を受けます。暑さは塗料の粘度を左右しますし、気温が低いと粘度は高くなり、気温が高いと粘度が低くなります。

つまり、粘度が低くなると塗料の延びが良く、作業効率が上がります。

また、乾燥しやすいため施工不良も起きにくいと言えます。

塗料にとっては暑さは問題ありませんが、作業する人にとっては過酷な条件です。

職人さんの健康や作業効率を考えると、連続した長時間の作業を屋外ですることは危険な場合があります。

また、屋根や鉄の部分は直射日光にさらされ触れないほど熱くなるため危険を伴うことにもなります。

 

 

秋は春と同様、比較的安定した気温や湿度で外壁塗装には適しています。

昨今の9月と言えばまだまだ夏のような暑さで夏に台風が少なく、秋口に来ることもあります。そのあたりは時期を見極めていく必要があります。

 

 

冬は一年の中で最も気温が低い時期です。冒頭で説明した通り、5度以下での施工はおすすめできません。

硬化不良で乾燥後の塗膜の耐久性が下がることがあります。

日照時間も短く、作業時間が他の季節に比べ短いため工期が長くなりがちです。

そこまで気にする必要もありませんが、0度に近づくような地域にお住まいの方は、一度施工業者さんに相談してみるといいでしょう。

 

 

 

外壁塗装は一年中施工可能

特に年によっては全く雨が降らない雨季もありますし、7月に入っても雨がだらだら降り続ける年もあります。異常気象と言われる天災が毎年のようにある現在は確実な時期というのはありませんし、絶対無理という時期もありません。

 

大切なのは業者選び

上記の通り外壁塗装は一年中可能ですが、その土地の気候や立地による特徴を熟知したうえで時期の選び方から、配慮しなければいけない点など精通している方に依頼するのがベストと言えます。

また、スケジュールの管理も丁寧にやっているところが良い業者と言えるでしょう。

急な悪天候など天気というのはイレギュラーが起きがちです。悪天候の際にはこの工程はできるなど、イレギュラーも視野に入れた提案をしてくれる業者はお客様にとっても良い業者と言えます。


愛知県尾張旭市、瀬戸市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。