本日は屋根用遮熱塗料の中でも高い人気を誇る、日本ペイントの『サーモアイSI』についてまとめていきたいと思います。

遮熱塗料とは

遮熱塗料とは、屋根や外壁、屋上に塗装することで夏場の日射が多いときに熱の吸収を抑え、室内の温度上昇を緩和してくれる塗料

サーモアイSiは、屋根用に作られた遮熱性の高いシリコン塗料です。

 

 

上塗りと下塗りのダブル反射で高い遮熱効果を実現

上塗りに「赤外線透過テクノロジー」を採用し、遮熱性の向上だけでなく反射できない赤外線を吸収せず透過させることで、下塗り遮熱性能との相乗効果を発揮しています。

ダブル反射」は上塗りと下塗りの遮熱効果を最大限に引き出した遮熱システムです。

 

優れた遮熱効果

サーモアイSiの塗装によって得られる効果として表面温度と室内温度の上昇緩和があります。工場の屋根での実験結果をご覧ください。

未施工の屋根の表面温度が51℃に対し、サーモアイSiを施工した屋根の表面温度は31℃と20℃の差があります。

また、室内温度にも顕著な差が現れており、未施工の室内温度は34℃に対し、サーモアイSiを施工した室内温度は30℃と4℃の差が生まれます。

同じ工場内で施工部分と未施工部分を比べた場合、天井の温度にも大きな差があり、未施工部分では37℃に対し、施工部分は32℃と7℃の差が生まれました。

 

 

黒い塗料でも効果を発揮

ブリキ板に一般屋根塗料のブラックとサーモアイSiのクールブラックを塗装し、赤外線ランプを照射し表面温度を測定しました。

照射から10分経過時に一般屋根塗料が72℃付近に対し、サーモアイSiは53℃付近でその差は20℃に迫る差があります。

 

 

その他の色で優れた遮熱性能を発揮

上記実験と同じようにその他の色でも比較実験を行っております。結果はどの色でもサーモアイSiは一般屋根用塗料に比べ優れた遮熱性能があることが確かめられました。

また、この結果から濃い色ほど一般屋根用塗料との差が大きくなることもわかっています。

 

 

長期にわたる遮熱性能

遮熱性能には色相が関係しているため色相が変化したり、塗膜に汚れが付いたりすることで遮熱性能は低下してしまいます。

サーモアイSiはそれらの要因から屋根を守り長期的に遮熱性能を保持することができます。

 

豊富なカラーラインナップ

サーモアイSiは40種類のカラーを取り揃えることで様々なデザインやイメージに活用が可能です。

日本ペイントの遮熱と塗料『サーモアイSI』、屋根塗装で気になる方はお気軽にお問合せください。


愛知県尾張旭市、瀬戸市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。