リメイクホームは屋根の下地処理にこだわっております!

それは一番基本であり、一番大事な作業だからです。

瀬戸市で築20年以上経過したA様の屋根塗装を行っております。

こちらのお家は塗装をした事が今までありませんでしたので、洗浄後に屋根の既存塗膜が剥離してしまい、真っ白の状態になってしまいました。

 

↑洗浄前

↑洗浄中

↑洗浄中です、黒くなっている所は既存塗膜にコケ・カビ等が付着しています。洗浄前と後では屋根の状態が一目瞭然ですね(^^

↑洗浄後の写真です。

洗浄はじっくり時間かけて行う必要がある工程です。早い業者さんだと1~2時間という話も聞きますが、その倍以上の時間を掛けないと本来いけない工程になります。屋根の先端に付いているコケ等も丁寧に洗浄していく必要があるからです。洗浄は本来すごく時間のかかる作業なんです!

洗浄後屋根が真っ白になりました。その後、日本ペイントのファイン浸透造膜シーラーを塗布していきます。ここで、浸透造膜シーラーを弊社が使用するのは、含浸性(がんしんせい)が優れている点や造膜した際に仕上がりが綺麗になるからです。

※日本ペイント「ファイン浸透造膜シーラー」は、ターペン可溶2液形エポキシ樹脂を主体とした、浸透タイプの素地補強用効果があるシーラーです。エポキシ樹脂が素地に含浸し、傷んだ素材に対して「くさび効果」を発揮し、素材を強化します。
ファイン浸透シーラーは、シーラーの吸込みが激しいスタッコ、モルタル壁面、住宅用化粧スレート屋根面の塗替え用シーラーとして適しています。

●くさび効果とは・・・簡単に申しますと素材の表面を補強し強度を高め、素材と強固に密着する事です。

↑下塗り1回目、屋根の塗料吸い込みが激しく、塗装しても「濡れ色」になりません。塗装してないような感じがしますが、これでも下塗りをしております( ^^)

 

 

↑下塗り2回目、屋根の色が「濡れ色」になりました。全体がこの濡れたような色になるまで塗装を重ねる必要があります。特に築年数の経過したお家、劣化が激しいスレート瓦には必須です。場合によっては下塗りを3回~4回以上重ねる必要もあります。この下塗りを惜しみなく行う事が塗装後の艶を良くする為の秘訣です。

↑中塗り後の写真です。

↑上塗りの後です。

本当に綺麗になりました!屋根の塗装は本当に大変です。こちらの屋根形状は切妻屋根なので、比較的塗装しやすい屋根形状ですが、屋根塗装は腰が本当に辛い作業なんです(*_*;

職人さん本当にお疲れ様です!(^^)

A様本当にありがとうございました!

 

愛知県尾張旭市、瀬戸市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。