海の近くに住んでいる方は潮風と常に向かい合って生活していると思います。

湿気、塩害、砂などの影響で洗濯物や布団の干し方にも気を遣いますよね。

そんな環境で常に潮風を浴びているのが外壁です。

塩害に強いと言える外壁はあるのでしょうか!?

潮風が与える住宅への影響

塩害とは塩分を起因とする害の総称です。

外壁塗装が塩害の影響を受けて剥げたり、塗装を劣化させたり、金属部分を腐食させたりすることがあります。

海は多くの塩分を含んでおり、その塩分を含んだ水が蒸発することで空気に塩が混じり、風を通して建物に付着し劣化を促進します。

これは比較的どの部分にも言えることで屋根、外壁だけでなくドアやサッシなども条件次第では腐食の進行を促進させます。

ですから、海沿いの住宅は塩害対策が必須となります。

 

塩害が起きやすい地域


実際に海からどれくらいまでが塩害を受けやすいのでしょう。

もちろんその土地の特徴にもよりますが、一般的に海から5キロ圏内と言われています。

実際はもう少し広い範囲で考えておくとよいでしょう。

海からの距離だけでなく、周辺の建物の錆び方潮の匂いなども判断材料になります。

ちなにみここ愛知は塩害が多い地域でもあります。

塩害に強い外壁はあるの?

 

外壁材によるダメージの受け方

 

金属サイディング

錆びの影響を大きく受けやすい金属は当然沿岸部での使用はおすすめできません。そのため、メーカーのほとんどが沿岸部での施工、塩害による腐食は保証の対象から外れていることが多いです。

 

窯業系サイディング

住宅シェアNo.1と言えるほど普及している窯業系サイディング。金属兵に比べ塩害地域でも耐久性を維持できますが、主成分がセメントのため変形などの劣化が生じる可能性があります。

鉄筋コンクリート

強度が高いイメージの鉄筋コンクリートですが、コンクリートに塩分が浸透すると内部の鉄筋に錆が生じ、膨張、ひび割れ、剥がれなどの症状が出てしまう可能性もあります。

塩害に強い外壁

ガルバリウム鋼板

金属系の外壁ですが、腐食に対しては効果的な素材として選ばれています。ガルバリウム鋼板に錆が起きた場合、表面にある成分の亜鉛とアルミの複合メッキが腐食を抑制する働きをしてくれます。しかし、表面のコーティングの衰えたり、傷がつくとそこから本体の錆が生じてしまうので、全く塩害が発生しないというわけではありません。

 

タイル

タイルは塩害に強い外壁材のひとつです。タイルは石や砂などの天然素材でできており、金属を含まないので基本的に塩害の影響を受けないとされています。磁器質のタイルは特に水を含んでいないため耐久性が高いです。タイルなら良いと考えるのは少し安易で、接着剤が重要になってきます。タイルの接着剤としてモルタルが使われますが、モルタルは砂とセメントが原料になっているので、塩害を受けやすくなってしまします。塩がモルタルに侵入しないためにも、陶磁器タイル目地用浸透性吸水防止材を塗って防水対策することが必要です。

 

樹脂系サイディング

こちらが比較的塩害に強いと注目されている素材です。

※ゼオン化成株式会社様より画像引用

塩化ビニル樹脂でできているため酸化に強く腐食が起きにくく、塩害対策には最適です。紫外線や雨風の耐久性も高くとしてとても優秀な外壁材です。北米では50年以上前から主流とされる樹脂系サイディングですが、日本国内でのシェアはわずか1%とまだまだ国内では実績は少ないです。採用したい場合は十分に業者を見極める必要があります。

 

沿岸地域で外壁リフォームを検討される場合は、ガルバリウム鋼板や樹脂系サイディングなどのカバー工法を検討してみるのもいいかもしれませんね。


愛知県尾張旭市、瀬戸市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。