様々な原因で汚れている外壁ですが、こうした汚れを完全に落とさないまま塗装すると、どんなことが起こるのでしょうか。

今日は、塗装を長持ちさせるために欠かせない『洗浄』についての記事です。

ただ水で洗い流すだけではない、『バイオ洗浄』についても解説していきます。

外壁塗装は下地処理が最も大切

外壁塗装で最も重要な工程といってもいいのが、下地処理です。

その1つに高圧洗浄があります。

強い圧力で噴射される水で剥がれかけの塗料やコケ、藻、汚れを洗い落とします。

その効果は、塗装する際に塗料をより外壁材に密着させることができるということです。

これが塗料を長持ちさせるコツの1つです。

洗浄というのは目視でわかりにくいため、適当に洗浄したり、洗浄後に十分乾燥しないまま塗装するとその後不具合が起きてきます。

実は洗浄が十分に行われないまま塗装をすると、塗料は1~2年で剥がれてしまうこともあります。

これはどんなに良い塗料を使っても同じなのです。

ただ水で洗浄するだけではない『バイオ高圧洗浄』

住宅の外回りの汚れは、雑菌(カビやコケなど)によるものが7割を占めると言われています。

これを根こそぎ洗い落とす方法の一つに、『バイオ高圧洗浄』があります。

バイオ高圧洗浄・・・ただ水で高圧洗浄するだけではなく、薬品を使ってカビやコケの筋を根本から洗い流すことができる洗浄のことです。水だけでは落としきれない汚れも洗い流します。

木材、石材、タイルなどあらゆる素材に対応できますし、通常の高圧洗浄では落とすのが困難な0.01mmにも満たない穴に潜んでいる雑菌や、旧塗料などの細かな汚れも徹底的に落とすことができます。

しっかり汚れを落とすことで塗料の密着性が上がりますので、耐久性などの塗料本来の性能を最大限発揮することができます。

また、殺菌消毒作用によって美観が継続するというメリットもあります。

バイオ洗浄の必要性を検討すること

バイオ洗浄で得られるメリットは大きいですが、デメリットがないわけではありません。

バイオ洗浄を活用することが良い条件と通常の高圧洗浄で良い例などを紹介していきます。

 

バイオ洗浄を活用した方が良い場合

 

湿度が高く、コケやカビが発生しやすい場合

バイオ洗浄は、洗剤が壁に浸透することでコケやカビを落とす事ができるというメカニズムになっています。

通常の高圧洗浄のみだと洗い残しがある場合、そこから表面のコケやカビが取れたとしても再発につながります。

根深いコケやカビを落とす場合にはバイオ洗浄が必要効果的です。

沿岸や河川沿い、田畑の近くに住宅がある場合はコケやカビが生えやすい環境なので、胞子や菌をしっかりと落として発生を抑制しましょう。

また、このような条件の立地でなくても北側は日当たりが少ないため、北側のみバイオ洗浄を活用するというのも良いでしょう。

 

凸凹が多い壁の場合

凸凹が多く、さらにそれが細かいときは特に高圧洗浄だけでは行き届かいことがあります。

バイオ洗浄なら洗剤を浸透させるので、細かい部分の汚れもしっかりと落とすことができます。

 

通常の高圧洗浄で良い場合

 

家庭菜園やカフェの併設など食品を扱っている場合

バイオ洗浄は環境に優しいものを選んで使うものの、外壁という面積の大きな部分に散布するため影響がゼロと言い切れません。

口に入れるものを扱っている場合は飛散する可能性があるので、その点は考慮した方が良いでしょう。

 

汚れの原因が錆や排気ガスの場合

バイオ洗浄はコケやカビなどの生物系の汚れには効果的なのですが、錆や排気ガスなどの汚れに対しては向いているとは言えません。

もちろん落とせないわけではありませんが、そもそもの再発防止には効果がありません。

光触媒塗料や防錆剤を使用するなど、別の方法で対策する必要があります。

 

予算を抑えたい

バイオ洗浄は洗浄の工程数、材料費、それにかかる時間も増えるため、通常の高圧洗浄と比べて費用はおのずと上がります。

バイオ洗浄を行う場合、事前に高圧洗浄を行い、散布後に再び水洗いをするため単純に水道代は2倍になります。

費用を抑えたい場合にはよく必要性を再度確認しましょう。


愛知県尾張旭市、瀬戸市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。