「パミール」とはニチハという国内最大手の外装建材メーカーで1996~2008年に製造していて、現在は製造中止になっている商品です。

「パミール」の特徴はノンアスベスト(無石綿)であるということ。

本記事ではパミール問題の背景と、リフォーム例などを紹介していきます。

パミール問題の背景

まず、「パミール」が販売された時期に、屋根材にアスベスト(石綿)を使用するのが禁止になったという背景があります。

それまではアスベストは一般的な建材だったため、ニチハだけでなく他メーカーもノンアスベストの開発と販売に力を入れていました。

「パミール」の問題が発覚したのは販売から10年が経過した頃でした。

約10年のメンテナンス時期で点検したところ、ひび割れや剥がれなどの劣化が数多く報告されたのです。

 

他メーカーのノンアスベスト商品はどうだったのかというと、もちろん劣化が報告されるケースがあったものの、最も被害が顕著に見られたのがこの「パミール」でした。

この劣化に対するメンテナンスとして、塗装ができない状態だったため、多くの屋根は葺き替えやカバー工法をするしかありませんでした。

 

アスベストの使用が禁止されてから、ノンアスベスト商品を販売するまで各社競争をしてきたわけですから、当然十分な検証、実験がされていなかったと推測されます。

実際、アスベスト自体は健康被害がある物質として使用が禁止されましたが、大変優れた物質であったことも確かです。

20年経っても割れにくく強度はお墨付きでした。

そのアスベストを抜いて製造・開発された商品ですから、十分に検証が必要だったことは明らかです。

そして、実際に使ってみたところ劣化のスピードが著しく早かったということがわかりました。

どんな劣化現象が起こるのか

それではパミール屋根にどんな劣化が起きるのか、事例を見てみましょう。

①層間剥離

層間剥離とは、基材と塗装が剥がれたり、浮き上がったりする現象のことです。

二重構造になっている基材が層になって剥がれている状態がミルフィーユのようで、ミルフィーユ現象とも呼ばれます。

ミルフィーユのようになった層は簡単に剥がれてしまいます。

この原因は雨や結露などの水分が層になっている基材に吸収され、乾燥や凍結によって膨らみ層間剥離を起こしていると言われていて、この症状を放置しておけば雨漏りの原因にもなります。

 

②釘の腐食

「パミール」を固定する釘は専用の釘を使用しているケースが多いです。

これをラスパート釘と呼び、販売当時に屋根材に無償配布されたパミール専用の釘です。

この釘の一部にメッキ加工が不十分なものが入っていたため、腐食が進行したという報告がされています。

釘の腐食によって何が起きるかというと、屋根材の落下やズレです。

最悪なケースはこれがダブルで発生するケースです。

「パミール」の劣化として層間剥離が主に知られていますが、層間剥離が発生することで内部に水分が入りラスパート釘が腐食し、その時にはもう屋根はボロボロの状態というケースもあります。

 

最善の対処法は

業界内では「パミール」は不良品とうイメージが先行していますが、ニチハは経年劣化という姿勢は崩しません。

そのため、劣化現象がみられてもニチハが保証するという形にはなりません。

有償のメンテナンスが必要です。

しかし、ニチハはラスパート釘の不具合に関しては問題があったと認めています。

お客様窓口を設置してはいますが、具体的な補償内容があるわけではありません。

結果的に建築したハウスメーカーに相談をすすめられるというケースが多いようです。

それでは「パミール」の劣化に対する対処はどのようにすれば良いのかを説明していきます。

 

①ニチハに相談した場合

直接ニチハに相談すると代替え措置として、アスファルトシングル材の「アルマ」という商品への葺き替えやカバー工法を提案されるケースがあるようです。

この「アルマ」はアメリカでは名が知れた屋根材ですが、日本ではあまり普及していません。

「アルマ」は施工単価も安く、防水素材でメンテナンス性も高く軽量なので「パミール」に負担をかけずにカバー工法ができるという提案です。

しかし、「アルマ」は耐久年数が低く、葺き替えから20年程度でリフォームが必要です。

悪い選択とは言いませんが、リフォーム費用や将来的なメンテナンスを考えて、同時に他の屋根材も検討しながら比較することをお勧めします。

 

②ハウスメーカーに相談した場合

あなたが建築したハウスメーカーに相談した場合、当然親身になって考えてくれるでしょう。

しかし、ハウスメーカーのリフォーム工事は下請けや孫請けなど、複数の会社が入るため当然リフォーム費用も高額になりがちです。

「パミール」を使ったことで本来この時点で必要なかったリフォームを行わなくてはならないため、費用は最小限で抑えたいのが本音です。

しかし、「パミール」問題を受けてなかなか解決しない状態になるとこのことを忘れがちです。

本来は必要ないリフォームだったことを念頭に置き検討した場合、高額になるリフォームは割に合わないのではないかと考えて良いでしょう。

 

③リフォーム会社に相談する

どちらも安心して任せられないと思う方は、ご自分でリフォーム会社を探し選択することをおすすめします。

対処法を見たけど今後ニチハの保証というものも期待できなそう。

でもニチハの不具合が原因で高額なリフォーム費用を払うのは割に合わない。

そう考えれば適切なリフォームを適切な価格で行われるのがベストですよね。

少し手間はかかるかもしれませんが、信頼を置ける業者に直接依頼するのが最善の選択ではないでしょうか。

 

状態によって違うリフォーム方法

塗装によるリフォームができない「パミール」のリフォームですが、方法としてはカバー工法か葺き替えになります。

屋根の状態によってできるリフォーム方法が変わるので解説していきます。

 

①カバー工法

カバー工法と葺き替えではカバー工法の方が低価格でできるため、できればカバー工法で行いたいところです。

カバー工法は屋根の劣化が軽度だった場合に適応になります。

カバー工法とは既存の屋根の上に新しい屋根を被せる工法です。

そのため、既存の屋根材が下地として使える状態でなければなりません。

■屋根のカバー工法についてのページはこちら

 

②葺き替え

葺き替えとは、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に張り替えるリフォーム方法です。

既存の屋根を撤去しなくてはならないため、カバー工法に比べると費用が高くなります。

しかし、悩まされた「パミール」をすべて撤去し新しい屋根になるため、問題を根本から解決することができます。

 

まとめ

「パミール」という屋根はアスベストという人体に悪影響のある素材を取り除くことで安全な屋根材として多くの住宅に普及されました。

しかし、不十分な検証から劣化が早く欠陥がある素材であることがわかってきました。

多くの方が「パミール」の問題に直面しています。

今できる最善の対策を早めに行うことで、建物へのダメージだけでなく、家計へのダメージも最小限に抑えることができるでしょう。


愛知県尾張旭市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。