この瓦は捨てる瓦です‼全部で7tありました。80㎡(24坪)坪あたり300㎏です。これが葺き替えをして165㎏程度になりました。軽さを求めるならもっと軽い屋根材もあるのですが、やはり日本家屋には和形の瓦が似合います(*^^)v

施工前 写真天気もよくいい眺めです(*^^*)

瓦下ろしは重労働(;^_^A

コンパネ張り

ルーフィング(黒い部分) 横方向の白い紐は凄く重要なものです。次の写真で説明します。

下地造作

先ほどの工程の白い紐と垂直方向に桟木を流していますが、ルーフィングの上に桟木を直に張ると、仮に瓦の下に雨が入った場合に桟木に水が引っ掛かり桟木が腐ってしまうリスクが高まります。白い紐を貼ることで桟木とルーフィングの間に隙間が出来て水が流れるようになっています。最悪の場合も想定した上で瓦を葺きますので安心です★

強力棟施工 https://remake-home.net/2019/01/14/hairo-ru/

平瓦施工(ひらかわら)

三州瓦を施工しています。三州瓦は愛知県の発祥で別名防災瓦と呼ばれています。防災瓦は1枚1枚釘ではなくねじ式(ビス)で留めている為、通常の釘留めの瓦より何倍も風で飛ばされるリスクが低いです。

棟瓦施工(むねがわら)

今回の棟漆喰は現代の最新工法で乾式漆喰工法ハイロールを採用しました(*’ω’*)

完成

分かりにくいかもしれませんが、棟瓦を低くしてなるべく平瓦との隙間を減らしています。横なぶりの雨が来ても水が入りにくく、さらに台風による風の煽りも受けにくいです♪

リメイクホームの瓦屋根施工は1級技能士による完璧施工になっています。お寺でも神社でもなんでも施工出来るので是非お声の方お掛け下さい