キッチンリフォームを考えるときにあなたは何を大切に考えますか?

見た目?使い勝手?清潔?収納?

あなたの性格や、ライフスタイル、家族構成などによって重視するものは様々です。

キッチンリフォームを考える際、多くの場合はキッチンという商品を購入します。

その時にどんな仕様にするのか、どのオプションを付けるのか決めなくてはなりません。

もちろんオプションはあったに越したことはないものが多いのですが、予算も高騰することが考えられます。

今回はあなたが本当に必要なキッチンリフォームの考え方について解説したいと思います。

後悔した実例

キッチンを考えるときに、使ってみてからわかることがあると思います。

もっとこうすればよかった。

これはつけたけど使わない。

など、実際に使用することを想定しながら考えることが大切です。

それでは、キッチンリフォームでの失敗例を見ていきましょう。

 

収納スペースが少ない

キッチンというのは調理器具や食品、掃除道具、食器など多くの物を保管する場所でもあります。

特に料理が好きな人にとってはどこに何が置いてあり、サッと取り出せるといった効率も大切にしたいところです。

十分な収納スペースがないと整理整頓にも時間がかかり、物を取り出したり、しまったりするのに時間をとられます。

自分の使っている調理器具は何がどれくらいあって、どれくらいのスペースをどこに必要なのかというシュミレーションをしながら考えることが大切ですね。

 

ダウンウォール

先ほどの収納の部分にも関係してきますが、確かに便利です。

背が低い方でも収納を取り出しやすいという利点はあります。

これは人それぞれですが、コストの割には・・・という方が多いようです。

器具の分収納力も落ちますし、それなら小さな踏み台でもあった方が。という意見もありますね。

 

キッチン形状

キッチンには対面式I式アイランド式L式など様々な形があります。

それぞれにメリットがあり、デメリットがありますので、そこはよく考えて選ぶべきでしょう。

例えば、子どもがいるから対面式にして子どもの動きを把握していたいと思っても、LDKの大きさや形を考えたらキッチンの占める割合が大きくなりすぎてしまった、なんてこともあります。

また、おしゃれで人気のアイランド型を選んでみたものの、収納スペースが確保できずおしゃれな雰囲気には程遠い出しっぱなしアイランドキッチンになってしまったり、収納の中が乱雑になってしまったり、結局家事の負担を増やすことになってしまってはせっかくのリフォームも台無しです。

キッチンリフォームで考えておくと良いこと

ダイニングテーブルを想定する

キッチンそのものも大切ですが、LDKのバランスも大切です。

作った食事をダイニングテーブルに運ぶという作業や片付けは毎食のように当たり前にある行動ですよね。

その動線や高さなど、どこにダイニングテーブルを置いて、どのようにキッチンを存在させるのかを意識してキッチンを選ぶと家事の効率も上がります。

 

広いと嬉しいシンク

ご自宅のシンクはどれくらいの大きさですか?

例えばフライパンを置いたときにどれくらいのスペースが余りますか?

取っ手の取れるティ○ァールのような調理器具を使っている家庭ばかりではありませんので、調理器具を洗うというのは窮屈な思いをしますよね。

使いやすい広さはおおよそ幅70cmと言われています。

家族が多い方は幅85cmなんていうタイプもあります。

もちろんキッチンのメインはシンクではないですから、調理スペースやコンロのスペースなどを考えたうえでなるべく広いスペースがとれると洗い物もストレスなくできますよね。

また、そんなに横幅をとれないという方には、シンクに蓋をして作業スペースにするというタイプのキッチンもありますので参考にしてみてください。

 

最高の動線

自分の周り360°の手が届く場所に全てがあり、歩かなくてもくるくる回るだけですべてが完結するのは理想ですよね。

しかし、なかなか現実的ではありませんので、調理に必要な動きをなるべく減らし、マルチタスクができる環境というのが効率的にも良いのではないでしょうか。

つまり、背面カウンターです。

調理をしながら、後ろにはオーブンレンジ、炊飯器、キッチンボードといった料理に使うものがすぐに手が届くという状態は作業効率を上げてくれます。

また、ストレスも感じにくくなります。使いやすい動線を考えて背面カウンターも検討してみると良いと思います。

 

付けてよかった!便利なオプション

 

ビルドイン食器洗い乾燥機

最近のキッチンではオプションではなく標準のタイプも増えてきました。

なんと、夫婦の間で押しつけ合いになる家事の堂々の第1位は「食器洗い」です。

さらに、心理学的にも旦那が食器の後片付けをすると夫婦の仲が円満になるという研究もあります。

それは、結果に表れにくく、やった感がない作業に負担を感じていることをわかってくれるからだと言われています。

それだけ食器洗いというのは面倒で負担のかかる作業ということです。

それも毎食後ですから・・・。

もちろん備え付けをおくのもよいのですが、ビルドインならキッチンの上もすっきりしますし、スペースにも見た目にも、更には気持ちにも余裕が生まれるのでこれは必須と言っても過言ではないでしょう。

 

タッチレス水栓

タッチレス水栓とは、センサーに手をかざすだけで自動的に水が出る水栓のことです。

ハンバーグを作っている手を洗いたい時、蛇口をひねったり、押したりすることを少し躊躇しますよね。

タッチレス水栓があれば触れることなく手を洗うことができます。

また、流しっぱなしにならないので水道代の節約にもなります。

 

ハンズフリー水栓

タッチレス水栓と同じじゃないの?と思われる方も多いでしょう。

ハンズフリー水栓とタッチレスとはセンサー違いは、ハンズフリー水栓は吐水口にセンサーが内蔵されている為、吐水口に手をかざすと水が出る仕組みです。ハンズフリー水栓は物や手の位置と動きをかんちして水を出したり、止めたりします。

つまりタッチレス水栓との違いは“かざす”という必要はなくそれすらも感知してやってくれるということです。

当然タッチレス水栓よりも節水効果が期待できます。

 

セラミックワークトップ

キッチンのワークトップの素材をご存知ですか?人工大理石?人造大理石?ステンレス?

いま一番優秀といわれているのがセラミックです。

このセラミック素材は調味料などの液体が染み込みにくいため美しさを長く保てます。

また、硬い素材で傷にも強く、高温の鍋やフライパンを直接置いたとしても変形が起こりにくいという特徴があります。

 

 

キッチンは何と言っても使いやすさが重要になります。

もちろん見た目や価格も大切な判断材料にはなりますが、機能性や設備を自分のスタイルに当てはめて考えられるかが重要です。

毎日使うキッチンだからこそ便利に、末永く、快適に使えるものを選びたいですね。


瀬戸、尾張旭周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!相談、お見積りは無料です。