屋根のリフォームを検討する理由は、基本的には劣化とイメージチェンジです。

外から見て屋根の劣化が気になるんだけど・・・という方は塗装が剥がれてきたり色褪せてきたりする理由で、多くご相談いただきます。

イメージを変えたいなどの家の雰囲気のために変える方の方が少数ですが、もちろんいらっしゃいます。

その中でも屋根の劣化や年数でリフォームしてもいいタイミングなのかな、という方が多数です。

そもそも、屋根が劣化していることで見た目以外に何が問題なのか、屋根リフォームの必要性について今回は解説していきます。

屋根リフォームは家の寿命を延ばす

屋根というのは家の寿命を延ばすために大切な役割をもっています。

屋根の劣化は防水性を下げたり、断熱、遮熱性を下げることに直結しますし、雨漏りの原因になったりもします。

これらは家を支える木材、または鉄筋など重要な役割を担うものにダメージを与えます。

昔は家の寿命は30年や50年などと言われていましたが、いまの技術では100年、いやそれ以上です。

私たちも医療技術の進歩で長生きできるようになりました。

しかし病気をしながら100歳まで生きるのではなく、健康な身体で100歳まで生きるからこそ意味があります。

家も同じで健康寿命を延ばしてあげることが大切なのです。

そのための屋根リフォームと考えていただければと思います。

屋根材毎の寿命

屋根の見た目や雨漏りなどの症状以外に、リフォームのタイミングを見つけるには屋根材の寿命の目安を知っておくことが必要です。

屋根と言っても種類はいろいろなので、屋根材毎の目安となる寿命を参考にしてみてください。

トタン屋根 10~20年
スレート屋根 15~25年
セメント瓦 30~40年
ガルバリウム鋼板 30~50年
日本瓦 50~70年

台風シーズン

雨漏りなどの具体的な症状がある場合、もちろんすぐにでもリフォームした方が良いのですが、タイミングというのがそれぞれの都合であると思います。

参考例として、台風シーズンより前は時期としては良いかもしれません。

台風による屋根の被害というのは数多く発生しています。

何かあってからでは遅いというのが一番の理由ですが、業者によっては保証期間を設けていますので、台風前に行っておけば万が一台風による被害が出ても、保証という形で対応してくれる可能性があります。

実際に起こりうる屋根の劣化

屋根材の種類によっても起こりやすい劣化が違うので、参考にしてみてください。

トタン屋根 トタンの破損等
スレート屋根 ひび割れ、反り、腐食、塗膜劣化による防水機能の低下、釘の浮き等
ガルバリウム鋼板 錆び、色あせ等
瓦屋根 割れ、ズレ、漆喰の崩れ、汚れ等

屋根リフォームの種類は?

屋根リフォームと言ってもいろんな工法がありますので、それぞれの工法についてご紹介します。

 

葺き替え工事

葺き替えとは、既存の屋根と取り外してあたらしい屋根に交換するという方法の事です。

現在の屋根を撤去して、新しい屋根材を付けるため「撤去費用」「部材費用」がそのままかかってきますから、屋根リフォームの中では費用がかかる工法になります。

 

カバー工法

カバー工法とは既存の屋根に新しい屋根をかぶせるという方法です。

つまり、既存の屋根を撤去する必要がないため費用も抑えられますし、工期も比較的短い方法になります。

カバー工法について詳しくまとめましたので、ご興味ある方は↓のページをご覧ください。

関連記事:屋根カバー工法について

 

塗装工事

塗装工事は、その名の通り現在の屋根に塗料を塗ることで劣化を抑えるという方法です。

葺き替えやカバー工法に比べ費用は塗料だけなので当然抑えられます。

定期的なメンテナンスとして考えておくと屋根の寿命も延び、必然的に家の寿命も延びることに繋がります。

弊社の外壁・屋根塗装についてはこちらをご覧ください。

関連記事:外壁・屋根塗装工事

 

防水工事

こちらは屋上など、平らな屋根に施工する方法ですが、防水加工を施すリフォームの方法です。

防水工事にも種類があり、「シート防水」「塗膜防水」ウレタン防水FRP防水など様々です。

詳しくは↓をご覧ください。

関連記事:防水工事について

 

それぞれのメリットとデメリット

屋根リフォームの工法毎のメリットとデメリットを一度整理してみましょう。

葺き替え工事 メリット:耐震性の向上

デメリット:費用がかかる

カバー工法 メリット:葺き替えより安価

デメリット:重さによる耐震性の悪化

塗装工事 メリット:低予算で効果も良い

デメリット:定期的なメンテナンスが必要

リフォームを必要とする症状

劣化という理由でリフォームを検討しますが、具体的にどのような症状があったらリフォームを検討すればよいのでしょうか。

これらの症状は十分リフォームを検討する必要がある症状です。

・釘が浮いている
・雨漏りしている
・錆が発生している
・色褪せや変色が見受けられる
・カビ、コケが生えている
・ひび割れや剥がれがある

屋根リフォームの大切さがわかっていただけたのではないでしょうか。

屋根を大切にすることで家の寿命は確実に伸びます。

普段手の届かないところだからこそ、普段から目で見て確認して必要に応じて適切なリフォームが行えると良いですね。