近年、全国的に夏日はおろか、猛暑日を全国各地で連日記録されています。

こんな暑さはみなさん経験がないのではないでしょうか。

これは明らかな異常気象であり、暑いというだけでなく、熱中症で搬送される方も増加しています。

多くの方が住宅の中や、就寝中などに熱中症になり、外に出ていないから大丈夫という安易な考えが大きな事態に結びつきます。

それでは、どのようにしたら室内環境を整え、体に優しい住環境にできるのかここで解説していきます。

 

外壁塗装での断熱リフォームについては、また別の記事で書きます。

家の中でも危険!

まず、日本の気温は100年前と比べると1.1℃上昇しているというデータがあります。冒頭でも説明しましたが、熱中症は意外にも室内で多く起きているということを忘れないでください。

家が熱くなるのは何が原因?

家の中で最も外気の影響を受けやすいのは開口部、つまり窓です。

その割合は73%にもなります。

住宅内の室温を上げないために冷房器具に頼ることも大切ですが、この73%の熱をなるべく遮断することで温度の上昇を防ぐことが有効になってきます。

適切な温度とは

「エアコンを28度に設定しましょう」というのは、省エネ時代のいまよく耳にしたり見たりしますよね。

一般的に女性の快適温度が25度、男性が22度と言われています。

それを考えると28度は高いのでは、と思いますが温度だけでなく、湿度も体感温度をかなり左右します。

湿度を快適なレベルまで下げるには空気を循環させることが必要です。

冷房に併せてサーキュレーターなど併用していくと体感温度はグッと下がります。

また、温度計で部屋の温度が26度となっているからといって安心はできません。

壁や天井、床など温められた面が30度を超える場合、体感としては29度近いと言われます。

風通しを確保しよう

上記でサーキュレーターの併用をおすすめしましたが、電化製品を使わずに家の風通しを良くすることも考えていけると良いでしょう。

朝方や日が落ちてからは窓を開けることで風通しを良くし、それだけでも体感温度は下がります。

さらに光熱費の節約にもなりますので、気持ちの良い自然の風を家に流す工夫が快適な生活になると思います。

エアコンが効かない問題

エアコンをフル稼働しているのに、効きが悪い。また、エアコンを消すとすぐに暑くなってしまう。

という問題を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

その原因は窓にあります。

外気温や日光で温められた窓は室内の温度に大きな影響を与えます。

日中の室内から窓を触ってみると確認できます。

手のひらが熱を感じるくらいだと窓の断熱効果や遮熱効果は低いということになります。

 

ここまでの解説をおさらいしましょう

暑さ対策に必要な3つのポイント

①開口部からの熱の侵入を抑える。

②風通しを確保する

③窓の遮熱性、断熱性を向上させる

それでは、それぞれに合った対策をご紹介します。

①開口部からの熱の侵入を抑える。

 

■オーニングサンシェード

オーニングとは日よけ、雨覆いを意味します。

一般的に建物の外側、窓の上に設置する可動式のテントのようなものです。

オーニングを設置することで窓自体を日陰にし、熱の上昇を防ぎます。

結果的に室内の温度上昇も防いでくれます。

 

その他、オーニングの主なメリットとしては

・突然の雨など降り込みを防いでくれる

・過ごしやすい日は家にいながら外の空気を日陰でくつろげる空間が作れる

・タイプによっては窓を覆えてプライバシーの確保にもなる

・格納でくるのでベランダ・バルコニーなどがおしゃれですっきりした印象になる

 

②風通しを確保する

 

■彩風ドア

こちらはドアを閉めたまま風を通せるドアです。

窓を開けても反対側に窓がなくて風通しが確保できないというパターンはよくあります。

玄関を開ければ良いのですが、開けっ放しにすることで虫の侵入や防犯的にも心配ということがありますよね。

この商品はドアを閉めたまま、もちろん鍵もかけたまま風通しを確保できます。

 

メリットとしては

・湿気の溜まりやすかった玄関をカラッとさせることができる

・暗かった玄関に外からの光を入れることができる。

・鍵をかけたまま使えるので防犯の面でも安心。

・網戸付で虫が家の中に入る心配もない。

 

③窓の遮熱性、断熱性を向上させる

 

■インプラス

インプラスとは業界最大手のLIXILが販売している樹脂製の枠を使用した窓のことです。

既存の窓の内側にもう一つ枠ごと窓を取り付けるというリフォームの方法をとります。

簡単にいうと、窓を二重にして外の熱を入れないようにしようということですね。

当然窓を二枚にすれば遮熱性は向上しますし、断熱性も向上します。

一度下げた室内の温度を効率的に保つことができます。

以前、インプラスについての詳しい記事を書きましたので、興味ある方はご覧ください。

関連記事:インプラスについて

 

メリットとはしては

・防音性が高く外の音が気にならない。

・気密性が向上し省エネ効果がある。

・樹脂を使っているため熱伝導率はアルミの1/1000

・気密性、断熱性の向上で光熱費が安くなる。

・遮熱性が高く日差しをカットしてくれる。

・リフォームはたったの1日

 

いまは、ホームセンターなどでも手軽に購入できる暑さ対策のグッズは多くあります。

そのようなものもうまく使いながら、ランニングコストや家の状態を考慮して早めに対策をしていくことをおすすめします。


瀬戸、尾張旭周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!相談、お見積りは無料です。