建付けが悪くなってきた

隙間が出来て寒い

古くなってきた

セキュリティが心配

デザインを変えたい

など、玄関のリフォームを考える理由は人それぞれです。

玄関は家の顔とも言われ、玄関がその家の印象を決めるといっても過言ではありません。

しかし、デザインだけで決めるのではなく毎日何度も使う玄関だからこそ機能性に優れ、使いやすい玄関にしておきたいところです。

今回は玄関リフォームで失敗しないためのポイントをご紹介して皆さんに玄関リフォームの成功法をお伝えしたいと思います。

常に新鮮な空気で気持ちのよいおもてなしを!

これはつまり、通気性です。

お客さんとして人の家に上がるとき、玄関の匂いでその家の印象が決まってしまったことありませんか。

さわやかな匂いがすると心地よく過ごしやすい家だと感じ良い印象をうけますよね。

玄関ドアというのは機密性が高いものが多いです。

通気性が悪くなると起こることとして湿度の上昇、それにより発生する臭い、さらにはカビという悪循環をうみます。

特に梅雨の時期は玄関の空気がよどみます。さらに靴が多い玄関ではその臭いも不快感になります。

その解決策としては網戸をつけることをお勧めします。

玄関の通気性を確保してくれますし、夏場は虫の侵入も防ぐことができます。

常に清潔に保つためのお手入れ簡単玄関に

玄関というのは外からの汚れを一番持ち込みやすい場所です。

特に靴に付いた砂や泥、埃など比較的すぐに床に溜まってしまいます。

毎日汚れる場所だからこそ掃除の頻度もおのずと高くなります。

そのためお掃除を簡単にできる仕組みをつくっておいたり、お掃除が手軽にできる材質のタイルや床を選んだりすることが大切です。

あったら便利なコンセント

玄関にコンセントはありますか?

掃除機が届く程度のところにある。

というご家庭がほとんどだと思います。

具体的に何に使うのか浮かばないかたも、付けておくと便利です。

いますぐにではないですが、防犯目的でカメラをつけたい時、子どもが熱帯魚を飼いたいと言ったとき、電気自転車を購入して充電したいときなどに延長コードを使って引っ張ってくることをせずスッキリと使うことができます。

その他にも消臭機を使いたい、クリスマスツリーを飾りたい、フォトフレームを置きたい、人感センサー(照明等)をつけたいといった時に悩むことなく導入できます。

防犯対策はぬかりなく!

いわゆるセキュリティ問題です。

玄関のセキュリティで一番に浮かぶのはピッキングです。

いまの玄関の鍵はほとんどがディンプルシリンダーというピッキング対策に強い鍵を採用しているので安心ですし、1ドア2ロックが基本になっていますので心配ないでしょう。

とはいえ、合鍵を作られたり施錠ミスというヒューマンエラーは100%ないとは言えません。

現在は指の静脈が鍵の役割を果たす玄関度は施解錠システムというものもありますし、スマートロックというスマホで鍵を管理するものもあります。

それぞれ皆さんのライフスタイルに合わせたものを選んでいくことをお勧めします。

壁選びでイメージ作り

壁紙は玄関の雰囲気をガラッと変えてくれます。

一般的な白い壁紙を選べば明るく清潔感のある印象になります。

しかし、白というのは汚れが目立ちますので、お手入れに気をつける必要があります。

ダーク系の壁紙にした場合、一気にクールな印象になり初めて入る人はわくわく感やどきどき感を覚えます。

しかし、ダーク系は光を吸収するのも暗い印象になります。十分な採光性があったり、照明を工夫したりすることで素敵な空間が演出できます。

また、通気性の部分でも触れましたが玄関は湿度がたまりやすいです。

そこで壁にエコカラットなどの湿度を調整してくれる素材を採用すると快適な空間の手助けとなるでしょう。

脱臭、防臭に優れたエコカラットが空気を綺麗にしてくれることも期待できます。

家族に合った玄関に

玄関は家族が毎日使うところだからこそリフォームのポイントがたくさんあります。

みなさんのライフスタイルに合ったリフォームを検討することと、使いやすくて便利というところは必須です。

検討していくなかで迷ったらこのようなポイントを基準にしてみるとよいと思います。

また、その中でも自分らしさを演出できる場所でもありますので玄関リフォームを楽しんでください。