キッチンリフォームを検討する中で天板を人工(人造)大理石にするべきかステンレスにするべきか一度は迷いますよね。

基本的な性質をしりながらも“自分に合っているのか”というところに着目して選んでいる人はもしかしたら少ないのかもしれません。

使うあなたが選んだにも関わらず使う人に合っていないキッチンになっては本末転倒です。

それぞれのメリットやデメリットを一度見直してあなたに合った天板はどちらなのか検討していきましょう。

ステンレス

メリット

【汚れ、熱に強い】

ステンレス天板は汚れがつきにくく熱に強いため、調理器具や食材をワークトップにそのまま置くこともできます。

拭けば落ちるというのは料理をしていて安心な点ですよね。限られたコンロのスペースを考えると調理器具をそのまま置くことができるというのは大きなメリットです。

 

【衛生的】

ステンレスは医療現場に用いられるほど衛生面に優れています。

オールステンレス製のキッチンになると、他の素材に比べ害虫の侵入を大きく防ぐことが可能です。

飲食店のキッチンがほぼステンレス製なのはこの効果があります。

気になる害虫といえばゴキブリですよね。ゴキブリというのは冷たい場所を好まないため有効な選択と言えます。

 

【継ぎ目がない】

シンクとワークトップの素材が異なる場合、その継ぎ目のところに錆やカビが発生しやすくなります。

継ぎ目がなければその心配もないです。

 

デメリット

【傷が目立つ】

ステンレスは強いという印象がありますが、表面の細かな傷は目立つことがあります。

たわしなどの目の粗いものを使うときには十分注意した方がよいでしょう。

ステンレスに限ったことではないのかもしれませんが、劣化というのは避けられません。

ステンレスはそれが目に見えてわかりやすいです。

水垢などの原因で光沢がなくなってきたり、傷が目立ってくるというのは避けられないと思いますが、それを避けるために特殊なコーティングもありますので施すとよいと思います。

 

【もらい錆】

錆に強い印象をもつステンレスですが、100%錆びません。というわけではないんです。

例えばどんなケースかというと、濡れた缶などをそのまま放置すると錆が移ります。

ステンレスは少々塩水を落としておいたところで錆びるような素材ではありませんが、異種の金属を放置しておくことで錆が移ってしまします。

それに、移ってしまった錆を落とすのは汚れを落とすのとは違い大変な作業です。

 

人工(人造)大理石

 

メリット

【色が選べる】

人工大理石のメリットとして、インテリアに合わせた色や柄を選ぶことができるということが挙げられます。

「キッチンも家具の1つ」という考えが根付いていますから全体的な統一感やキッチンの存在感などコンセプトに合わせて選ぶことができます。

当然おしゃれという点でもステンレスに比べると幅が広くなります。

 

【水垢が目立ちにくい】

ステンレスの場合には水垢は見た目の天敵です。

色や柄にもよりますが、比較すると人工大理石圧倒的に目立ちにくいです。

 

デメリット

 

【シミによる変色】

これは有名なデメリットかもしれませんね。

まずは熱による変色です。

鍋などの高温なものを直接おいて放置した場合には変色の原因となります。

そして液体です。

これは基本的に24時間以内に拭き取れば染み込みを防げるとされていますが、注意が必要です。

それ自体をふき取るだけでなく拭き取ったあとに水かお湯を流して拭き取ることをしたほうが確実にシミを抑えることができます。

特に旅行前まど長期家を空けるときは慎重になることが必要です。

 

【天板が割れることがある】

ステンレスの場合、固いものを落とすと凹みます。

人工大理石も凹むことがあるのですが、経年劣化などさまざまな条件で固いものを落とすと割れるという現象が起こりうるのです。

割れししまうと水もれの原因にもなりますので、大きな金額でリフォームが必要になります。

 

【黄ばみがでる】

人工大理石の天板は、時間の経過とともに紫外線を受け少し黄ばんでくることがあります。

ホワイトの天板は特にその傾向にあるので検討される方は、色の変化も頭の入れておいた方が良いでしょう。

対策としてキッチンにつける照明器具は明るい蛍光色よりは、白熱色のような照明にする方が、黄ばみも目立ちにくくなるでしょう。

 

性格で決めるキッチン素材の選び方

 

平日は忙しい共働きタイプ

平日はなるべく簡単な料理で、しっかり料理をするとすれば週末くらい。

という方にお勧めなのは人工大理石です。

ステンレスは傷や水垢が目立ちます。

お互い働いている疲労がたまって帰ってきます。

天板に傷がついていたり、水垢がついていたりするとなんとなく凹みますよね。

それにお互いにどっちがどうやったというケンカをしては更に疲れがきます。

人工大理石のように毎日サッと拭いておけば汚れが目立たない人工大理石がおすすめです。

 

人を呼ぶのが好き!ホームパーティタイプ

友達を呼んでパーティをするのが好きな方にはやはり人工大理石でしょう。

それは色を選べることから明るい表情にもなりますし、見た目の華やかさもなるからです。

さらに対面式の場合オープンキッチンにしておくとホームパーティを更に華やかにし、キッチンとの一体感があり楽しい雰囲気も演出してくれます。

 

趣味は料理です!お料理大好きタイプ

時間があれば料理をし、一度にたくさんの種類の料理を同時進行したり、週末は一日お料理していたいなど、お料理大好きタイプの方にはステンレスをお勧めします。

ステンレスは熱に強く汚れに強いという特徴があります。

一品お鍋で作っていたが、冷めるのを待たずに次の料理も進めたいなど鍋をダイレクトに置くことが可能なステンレスは限られたコンロのスペースを考えると嬉しいですよね。

 

 

お料理大好き!インスタグラマータイプ

作った料理をインスタなどのSNSにあげている方は、人工大理石です。

作った料理や、料理中の写真などワークトップが明るい色の方が全体の雰囲気も明るくなります。

お部屋の雰囲気や趣味にもよりますが、ステンレスだとクールな印象です。

悪くないのですが温かい料理はどちらかというと温かみがある色の方が映えるでしょう。

 

潔癖、虫嫌い!清潔重視タイプ

ゴキブリは絶対に見たくない!

虫は苦手。

常に清潔に保っていたいしカビなどの菌に過敏な方はステンレスがおすすめです。

ゴキブリは冷たいステンレスは好まないのでそこを通ることは抑えられます。

シンクとの継ぎ目がない分そこのカビは防げますし、汚れに強いことから染み込みなどが起こりにくいです。

 

LDKはカッコよくしていたい!クールタイプ

床材は黒に近い方のブラウン、食器棚も濃いめの色を選びたい、壁紙もアクセントに黒や奇抜な色を入れ、間接照明などを使いカッコよく演出したい方にはステンレスをお勧めします。

人工大理石にくらべクールな印象になる点と、ステンレスならではの光沢がクールさをより引き立たせます。

 

いかがでしたでしょうか。

キッチンの素材は大きな悩みですよね。

大切なのは後悔しないことだと思います。

後悔しないというのはこっちがよかった・・・と思わないことではなく、自分で決めたキッチンの良さを知り、メリットを活かして生活することではないでしょうか。

ここでメリットとデメリットを知る事で楽しいお料理生活を送れることを祈っています。


愛知県尾張旭市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!相談、お見積りは無料です。