新築時にまだ子どもが小さく、兄弟の部屋として一部屋ずつは作らず、将来的にセパレートできるようにというご提案のもと家を建てる方が増えています。

確かに新築時に子どもの年齢が学齢期に達していないときは部屋の必要性が感じられませんよね。

子供部屋の考え方

核家族化がすすみ狭小住宅が増えているなか、限られたスペースで生活することを考えると、子どもが小さいころから部屋を2つ作っておくというのが難しいのが現状です。

最近の提案の中で多いのがこのような子ども部屋です。

将来的に真ん中に壁を作るだけで入り口が2つあるため、独立した部屋が二つになります。

というものが多くなっていますね。

壁を作るってかなり費用がかかるのでは?

新築時に『壁を作るだけ』とは言ったものの、いざ検討する時にはその費用が重くのしかかるものです。

しかし実際には壁を作るだけが部屋を分ける方法ではありません。

間仕切りにも色んなパターンがあります。

例えば、

・アコーディオンカーテン

・家具

・簡易パーテーション

などの方法でも部屋を仕切ることはできます。

いわゆる可動できるものです。

仕切り壁と可動式ならどっちがいいの?

もちろん仕切り壁の方がプライベートな空間を作ることができます。

ただ、費用やきょうだいの性別などにもよるのではないでしょうか。

さらに長い目で見た場合、可動式は子どもたちが独立し部屋を使わなくなることを考えると、簡易的に部屋を広く出来たり、仕切れたりするメリットがある場合もあります。

よいリフォームができるように、それぞれのメリットや特徴を踏まえ検討していきましょう。

 

アコーディオンカーテン

これは、じゃばら式に折りたたむことができる間仕切りの方法です。

最近では素材も様々でデザインも豊富に取り揃えられています。

仕切り壁の新設を考えるとかなり費用は抑えられるでしょう。

工事内容としては天井にレールを取り付けるだけの簡単な工事です。

下がひらひらしてしまうのが気にある方は、上下にレールを付けることもできますのでそちらもお勧めできます。

視覚的にはしっかりと仕切ることができますが、遮音性は仕切り壁に比べるとほとんど遮らないと考えてもらってよいと思います。

つまり、電話の声や音楽を聞く音などがかなり聞こえてくるということです。

きょうだい間でも相手を気遣うことが必要になりますし、音がストレスになったり、我慢がストレスになったりする場合もあります。

ただ、簡単なものなので開ければ広い空間になりますし閉めれば独立した空間になります。

要らなくなったときに、取り外すのではなく付けたまま開けておくという選択肢もできるため応用の利く選択になります。

 

家具で仕切る

収納棚や、クローゼットなどの家具を置くことで間仕切りとして使う場合、メリットとしては収納力のアップが期待できます。

学齢期になると教科書などの学習道具が増えてきます。

勉強机だけでは収納しきれないことや、そもそも勉強机を置かないという家庭も増えているようです。

その場合、収納場所の確保は必須になりますよね。

また、可動式の収納棚にしておけば子どもが小さいころは壁につけて共有のスペースを確保し、学齢期になったらセンターにおいてセパレート、独立したらそれを利用して趣味の趣味の空間をつくるなど、家族のライフスタイルに合わせて使うことが出来ます。

デメリットとしては、防音性が低いため隣の声が聞こえてきてしまうことが挙げられます。

また、耐震性を考えると置き方にも注意したいところです。

 

間仕切り壁

仕切り壁を新設する場合はただの目隠しではないので遮音性が確保できます。

きょうだいのプライベートを考えた場合最も有効な手段ですし、子どもたちの満足度も高いでしょう。

自分事のように考えると、仕切り壁を新設してあげた方がと思いますよね。

費用としては広さにもよりますが10万円前後くらいが相場でしょうか。

将来的に撤去を考えると更に費用がのしかかると思いますが、それくらいの金額できょうだいが少なくとも独立する20歳くらいまでの10年強の時間を、音やプライベートなことを気にすることなく生活できるのならとも考えられます。

 

同時に壁のリフォームも!

仕切り壁を新設しる場合には同時に壁紙のリフォームもおすすめします。

子どもが生まれてから学齢期までは壁に落書きをしたり、べたべた触ったりして一番汚れる時期です。

壁を新設すると必ずクロスを貼ることになるので周りの壁紙も同時にリフォームすると別々にやるよりも断然お得にできます。

まとめ

プライベートな空間と考えると当然、間仕切壁を新設することが良いでしょう。

しかし費用や教育方針などによって考え方は違いますし、上述したような簡易的な間仕切り方法もたくさんあります。

それぞれのメリットやデメリットを把握したうえで、家族のライフスタイルと照らし合わせながら考えていけると良いですね。