自宅に一人の空間ってありますか?

お子様がいる家庭では難しい場合が多いです。

1人で読書をしたい、ちょっと仕事をしたい、パソコンで調べ物をしたいというときにそんな空間があったら便利ですよね。

それを叶えるのがずばり書斎です。

書斎は趣味を楽しんだり、勉強したり、自分の時間を充実させるための特別な空間です。

とは言え、うちは狭いから書斎なんてとあきらめていませんか?

書斎というのは工夫次第で作ることができるのです。

簡単なリフォームや家具などのアイテムを置くことで素敵な書斎が出来ますので今回は書斎の作り方を解説していきます。

書斎の種類とタイプ


家を建てる際に「書斎がほしい」と考えませんでしたか?

おそらくこの記事にたどり着いている方は『書斎』に興味がある方だと思います。

仮に新築時に考えても、優先順位としては下の方にあったのではないでしょうか。

結果的に作ることはあきらめたというケースがよくあります。

ただ、家の中で壁や空間をうまく使いながら簡易的なオープンなタイプの書斎スペースなら簡単に作ることができます。

さぁ、自宅の間取りをもう一度見直してみましょう。

 

①個室の書斎

個室の書斎は周囲の目を完全に遮り、自分の時間を最大限に充実させることができる空間です。

広さ的にはデスクと出入り口が確保できれば最低限の個室にはできます。

リビングの一角や寝室が広めの方はその一角を書斎として使う方も多いです。

 

②オープンタイプの書斎

このオープンタイプは個室の書斎に比べ簡単に作ることができるのが特徴です。

個室の書斎のようにリビングや寝室の一角を使うこともできますし、階段の踊り場や収納スペースを工夫して書斎スペースとして使うこともできます。

オープンタイプなのでドアを付ける必要もありませんし、家具やパーテーションで仕切るだけでもかなり雰囲気はでると思います。

個室に比べると周囲を遮るという点では劣るかもしれませんが、逆にどこにいても家族とつながっていられるという点や、お子様が宿題をする場として共有することもできるのでマルチに使うことができます。

 

③書斎コーナー

あえてコーナータイプにするという考え方もあります。

1人で使うというよりは、夫婦や子どもたちと一緒に使うという考え方です。

お子様が複数名いる方は何人か座れるような空間にしておいて宿題やお絵かきをしてもらったり、親子で本を読んだりする空間として使うことができます。

 

書斎を作る費用の相場は?

書斎のリフォーム費用は個室にするのか、オープンタイプにするのかによっても大きく変わります。

書斎をどのように作るかは予算によっても左右されますよね。

おおよその相場ですが、依頼する業者や使うものによっても差が出ますのでご了承ください。

 

6畳ほどの物置を書斎にしたいというリフォームをする場合ですが、物置の状態にもよります。

既に壁紙が張ってあり部屋のような状態で書斎にする場合は、机や本棚を置く程度で完成です。

つまりリフォームとしての費用はほとんどかかりません。

状態によっては、壁紙の張り替えや、安全性を考慮した本棚の固定、カウンターの設置、コンセントの増設などが必要になります。

また、部屋のような状態ではなく壁紙も張らずにむき出しになっている壁の場合は断熱材を入れたり、壁紙を張ったり、ドアを付けたり、場合によっては床もリフォームが必要になります。

そのような場合は予算が100万弱といったところでしょうか。

 

押入れをリフォームして書斎とする場合、内装の工事をして、間仕切り壁、電気工事などが必要になりますので、約40~60万円。

リビングの一角に本棚や机を置いて書斎とする場合は、家具の値段にもよりますが、おおよそ10万円程度でも可能です。

そこに、間仕切り家具を置いてコーナーとする場合は、安いもので約3~4万円程度

本格的な本棚を間仕切りとして使う場合は6万くらいかかってくると思われますので合計で15万前後といったところです。

つまり、書斎リフォームはやり方次第で予算は抑えられますし、条件次第で大きく予算が前後することがわかります。

 

おわりに

書斎は贅沢なスペースでうちには・・・と考えていた方も「これなら」と思えましたか。

書斎があるだけで集中力を高められる場所ができ、仕事や生活の質が向上することにもなると言えます。

家族にとって有意義なスペースになるよう、これらのポイントをよく考えて参考にしてみてください。


愛知県尾張旭市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!相談、お見積りは無料です。