「外壁塗装は10年で塗り替えが必要」という知識を当たり前のように持っている方は多いでしょう。

それでは10年で塗り替える必要って本当にあるんでしょうか。

結論から言えば「状態による」です。

えっ!?と思いますよね。

今日はそんな外壁塗装とお家の状態についての記事となります。

外壁塗装が必要な状態

外壁塗装と言ってもいまは塗料もいろいろですし、効果効能もいろいろです。

ですから状態によっては10年以上持続するものもありますし、10年を待たずにして塗り替えが必要なケースがあります。

また、これは湿気が多い地域雨が多い地域日照時間等、様々な条件によっても変わるので、まずは塗り替えが必要な時ってどんな状態なの?ということを知ることが大切です。

じゃあ「外壁塗装は10年で塗り替えが必要」という説は間違いなの?

というとそれは違います。

目安として検討するタイミングだと考えて間違いないでしょう。

この記事を読むことで得られるメリットとして、外壁塗装の悪徳業者などの営業にデタラメな情報を言われ、それを鵜呑みにして大きな金額を払わなくてはならなかったり、適切なリフォームが行われなかったりというリスクに備えられます。

それでは具体的に外壁塗装10年説を解説していきます。

外壁の劣化とその症状と築年数の目安

新築一戸建てを購入してから築10年で起こるであろう劣化の現象について解説していきます。この劣化時期の目安が「外壁塗装は10年で塗り替えが必要」という目安に直結する考え方になります。

ちなみにここでは簡単に紹介していますが、ご自分のお家をセルフチェックするための方法などは、↓の記事にまとめてありますので是非ご覧ください。

関連記事:お家のセルフチェックポイント

 

変色(築年数2~3年)

外壁塗装した直後は色鮮やかで艶がある印象を受ける外壁ですが、日々雨風や紫外線に当たることで外壁表面の塗膜が劣化してきます。

この劣化が進行するにつれて色褪せという症状が出てきます。

色褪せは外壁劣化の進行具合を外から見る目安として考えることができます。

色褪せが部分的で軽度な場合は、外観はやや損なうことになりますが機能的には問題ないと言えるでしょう。

色褪せ放置は塗膜が剥がれて下地を傷つけることに繋がりますので、全体的な色褪せがある場合には塗装し直すことを検討してもいいかもしれません。

 

チョーキング(築年数5~6年)

チョーキングとは外壁を触った時に白いものが手につく現象のことです。

チョーキング現象は白亜化現象とも呼ばれており、塗膜が劣化している兆候です。

チョーキング現象が起こる原因としては外壁が受けるダメージが原因で、変色同様、雨風や紫外線によって塗膜が劣化し、顔料が粉化してしまうからです。

これを放置すると建物そのものの耐久性が落ちることに繋がるので、注意が必要です。

外壁というのは塗料によって守られている状態です。

塗料の性能がだんだん失われることで守る力が低下していくのです。

よって、雨風や紫外線を外壁が直接受けることになります。

このままにしておけば壁の合板や躯体に影響が出てしまうことになりかねません。

外壁塗装のタイミングとして検討するのもよいでしょう。

 

カビ・コケ(築年数6~7年)

カビやコケは放置しておくと黒ずみがこびりついてしまいます。そこまでいくと業者による除去を依頼しなくてはなりません。

カビやコケをとっていくことは家の外観をきれいに保つだけでなく、塗装の寿命を延ばすことにもなります。

カビやコケにはつきやすい壁というものがあります。

まずカビは菌であるということを認識しましょう。カビは光合成をしないので日当たりが全くない場所でも繁殖をします。

そしてコケですが、これは日常から胞子が空気中に浮遊しています。

壁にくっつき繁殖をするのですが、どこの壁にも生えるというわけではありません。

コケの繁殖には水分が付着しやすい壁という条件が必要ですので、日当たりが良く乾燥している壁にはコケが生えづらいのです。

簡単にまとめると

・湿気がたまりやすい
・風通しが悪い
・壁にデコボコがあり水がたまりやすい
・結露しやすい
・日当たりが悪い

という場所にはカビ、コケが生えます。

 

ひび割れ(築年数8~9年)

ひび割れは外観を損ねるのはもちろんのこと、建物の劣化が始まる明確なサインと考えていいでしょう。

ひび割れを発見したら迅速に対処する必要があります。

ひび割れにはヘアークラックとクラックがありますのでどのようなひび割れかを確認してください。

ヘアークラック

・・・髪の毛のヘアーからきており細くて短いひび割れのことをいいます。塗膜にできやすく、原因は塗膜の経年劣化のことが多いです。

クラック

・・・大小様々で、浅いものから大きく深いものまであります。

ヘアークラックは塗膜だけに対して、クラックは下地にまでいってしまっていることもあり危険性は高いでしょう。

外壁のひび割れをそのままにしておけば、家自体がリスクを負うことになります。

ひび割れが原因になりうる家のリスクとして

・家の傾き
・雨漏り
・劣化
・外観を損なう

が挙げられます。

こうなる前に塗装をすることが理想的ですが、クラックを見つけたら信頼できるリフォーム屋さんに相談してみるのがよいでしょう。

 

剥離(築年数10年)

 

外壁の経年劣化による剥離は膨張・収縮の繰り返しによって起こっていくものです。

接着剤が劣化して外壁が剥離し、板が湾曲に沿っていたりする場合があります。

これを「浮き」と呼びます。

症状としては文字通り下地が浮くことなのですが、これがひどくなるとよく見なくても分かるくらいになっていきます。

「浮き」の症状が出た場合にも、リフォーム屋さんに相談してみることをおすすめします。

 

外壁塗装を10年以上塗り替えずにそのままにすると

環境や気候、壁の材質など様々な条件に左右されますが、以下のようなリスクが考えられます。

①症状に応じた適正な対処をしていれば塗装だけで済んだが、その他の工事が必要になる。

②激しい劣化が原因でサイディングの張り替えが必要になる。

③建物の内部の劣化も激しくなりリフォーム代が高額になってしまう。

つまり、結果的に大きなリフォーム工事が必要になり高額な費用が必要になります。

確かに塗り替えも小さい金額ではありません。

しかし、このような大がかりな工事が必要になる前に適切な対応をすることで、結果的に金額的にも抑えられる可能性が高いです。

外壁が著しく汚れていたり、割れていたりしない限りなかなかメンテナンスという考えにはならないかもしれません。

あなたの大切な家を長く、きれいに丈夫に保つために適切なメンテナンスを心がけましょう。


愛知県尾張旭市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。相談、お見積りは無料です。