トイレの寿命はご存知ですか?

そもそもトイレに寿命があることを知らない人も多いのではないでしょうか。

トイレは本体のみならず、タンク、パッキン、配管など様々なものが関係してきますので、トイレ周辺のことをよく知ることで適切な交換時期を知っておきましょう。

部分別交換目安と症状

さっそくですが、交換時期は箇所によって変わります。

便器自体は陶器であれば、ひび割れなどがない限り使えるので、100年と言っても過言ではありません。

一般的にはタンク内の部品等が10年、配管やパッキンなどの劣化で交換が必要になるものが20年と言われています。

それぞれの寿命が近づくと様々な症状が現れますので、その症状と劣化箇所を把握することで交換を検討するべきかどうかわかってくるでしょう。

それではどのような症状が現れてくるか紹介していきます。

 

水漏れ

トイレが水漏れしたというのは時々聞くエピソードだと思います。

原因はパッキンの劣化、各配管等の劣化によるものなどが考えられます。

それ以外の原因としては便器自体にひび割れが生じていることがあります。これは一刻も早く交換するべきです。

 

臭いや汚れが

例えば、

●黄ばみが取れにくい

●悪臭がする

●流しても汚れが残っていることが多い

などの、理由でリフォームを考える方もいます。

古くなったからリフォームするというのも一つの考え方です。

 

水の流れがよくない

流れが悪いな、と感じたら配管トラブルを疑う必要があるケースも。

この場合、配管ごと新しいものに交換してしまえば解決することができます。

逆に流れが悪い状態を維持して使用していると、トイレから水が溢れるという想像もしたくないようなケースに陥る可能性もありますので、放置は危険です。

 

リフォームにかかる工期と費用について

 

それではトイレのリフォームにはどれくらいの時間や費用がかかるのでしょうか。

 

工期

トイレリフォームの工期は、工事内容やトイレの種類、位置などによって変わります。

便器の交換のみという場合はほとんど当日終わりますし、早ければ半日で終わることもあります。

給排水の位置を変えたり、和式のトイレを洋式にしたりというリフォームになると3、4日かかることもありますし、一緒にトイレの壁紙を変えたいというケースもよくあるので、一概には工期が何日かはわかりませんが、、

ほとんどの場合1~2日もあれば終わると思います。

 

費用について

まずは工事費用とはどんなものにかかってくるのかを解説していきます。

①工事前の養生

搬入や搬出時に壁や床に傷をつけたりしないため保護するシートを敷く作業等がこれにあたります。

②解体費、撤去、廃材処分

いま付いているトイレを解体して搬出、処分することになりますのでそれにかかる費用になります。

③トイレ、便座取り付け

新しいトイレの本体の費用、またそれを取り付けるためにかかる費用です。

④電気工事費

既存のトイレにコンセントがない場合、温暖便座が付けられませんので、最近のトイレにコンセントは必須になります。そのため、コンセントがない場合には電源を引いてコンセントを取り付ける工事が必要になります。

クロスや床材の交換が必要な場合もありますし、工事内容も一概には言えませんね。

 

ここからはどんなリフォームがどれくらいの費用で出来るのか価格別に紹介していきます。

もちろん現場環境や工事内容などによって全く変わりますので、参考までにご覧ください。

 

~5万円

・トイレに手すりをつける

近年、在宅介護が主流になっている時代です。新築住宅などは手すりが必須になっています。

・壁紙の変更

トイレに落ち着いた雰囲気を求める方も多いでしょう。トイレには清潔感を出すため白やベージュ、他の色だと淡い色を選ぶ方が多いです。

最近ではおしゃれな演出を好みアクセントに奇抜な壁紙を一面にだけ入れるのがトレンド。

色だけでなく、尿の飛び散りにようアンモニアの臭い対策として消臭機能がある壁紙もあります。

消臭、汚れ防止、吸放湿、マイナスイオン発生など様々な機能を持つ壁紙があるので、機能性重視の方はこのような壁紙を選んでいきます。

その他にもウォシュレットの設置、それに伴うコンセントの増設、リモコンの設置、壁面収納の設置などがこの金額に収まるでしょう。

 

10~20万

トイレ本体にもよりますが、本体の交換も20万円未満では収まってくると思います。

トイレの本体価格によっては~10万で紹介したものと組み合わせて予算内に収めている方が多いです。

 

20~50万

この価格帯はトイレ全体をリフォームするという考えの価格帯になると思います。

和式から洋式となるとこのぐらいと考えておくと良いでしょう。

また、最近はタンクレスのモデルも多く、スタンダードなタンクありに比べると3~5万円ほど高くなるイメージです。

タンクレストイレと同時に手洗い場を設置したいという方もおおよそ50万円以内では収まるのではないでしょうか。

 

50万円~

最新のトイレは自動掃除やセンサー機能など様々な機能があり、おのずと価格も高いものが出ています。

50万円以上のリフォームというのはトイレを増設したり、バリヤフリー化したり、いろいろなリフォームを組み合わせてこだわりたい方は50万以上になることがあります。

 

トイレのリフォームをお考えの場合、費用が気になるところだと思いますが、本体だけでなくその他の壁紙や床などDIYが難しいものはセットで依頼した方が、後々単体で必要になる場合より断然お得ですので一緒に考えてみることをおすすめします。


愛知県尾張旭市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!相談、お見積りは無料です。