こんにちは主に瀬戸尾張・名古屋市で活動しているリメイクホーム代表の竹村です。以前にもご紹介させていただいた工事ですが屋根の棟漆喰の代わりにハイロールを施工しました。屋根の棟部分には昔から漆喰と呼ばれる白い粘土のような物詰めて棟の中の土を保護してきました。しかし漆喰は年数が経つと風雨の影響で固くなり、剥がれてしまう為、棟の中の土を流出させてしまいます。土が流出すると棟が崩れて瓦に隙間が生まれ最悪の場合雨漏りしてしまうケースがあります。そうならない為に漆喰を改めて施工する方法もありますが、漆喰は年数が経つといずれ剥がれることがあるのと、土を詰める為屋根が重たくなるというデメリットがあります。重量は何んと棟の長さ1mあたり12㎏程度の重さになる為、一般的な寄棟屋根30mとしますと、360㎏の重さとなります。ハイロールはアルミの薄いシートなので重量は同条件なら20㎏程度しかありませんので漆喰の約20分の1の重さになります。しかも漆喰のように再度改修をやり直す必要がほぼありません(耐久性30年)瓦屋根の場合、建物強度がもともと高い設計となっているため、漆喰でも問題はないのですが、少しでも軽量化したいとの要望もありますので★

屋根工事といっても技術を持っている職人とただ瓦を触れるという職人では仕事の差は歴然です。当社は屋根・外壁・防水工事には絶対的な自信を持っていますので、屋根・外壁・防水を工事する時は是非リメイクホームをご指名下さい☆昨年の台風21号で棟瓦が飛ばされてしまいました。

棟木の周りの土を剥がしていきます。棟木を樹脂に変更しました。これで腐ることはありませんね(#^.^#)棟の部分の黒いものがハイロールです。棟の瓦の端部に雨が入らないようにカラーベストを加工して蓋をしました。