こんにちはリメイクホーム代表の竹村です。3月になってもまだまだ風が吹くと冷たい風が肌を刺し、寒いですね( ゚Д゚)今回はベランダの防水工事の前の下地処理について投稿させて頂きます。こちらのお宅は築20年くらいでお客様ご自身は中古物件としてこちらの住宅を購入されたのですが、依然のオーナーが改修工事をしていたこともあり、安心してお住まいになられていました。ところが、初めの改修工事業者の怠慢の数々でベランダの床の木材が大きく腐朽してしまっていました。改修工事を怠ると劣化で腐朽しますが、手抜き工事や構造的なことを検討せずにただただ工事をするだけでも腐朽してしまうのです((+_+))皆様もより専門的な知識を有する業者選びを心がけてください‼お客様はお客様に都合の良いこと言ってくれたり、値段が安い業者をお選びがちですが、初めから当社は手抜き工事をしているから安いですという業者はありません。難しいお話ですがしっかりリフォーム前に工事内容や納まりを検討してから工事を依頼するように心掛けて頂きたいです。それが無理ならまずは高くても大手の建築メーカーやハウスメーカーに施工方法を伺って検討することお勧めします。金額は高いですが内容はそれなりになっているので、問題が起きて後悔する可能性は低くなると思います。

もし金額がネックになればメーカーに教えてもらった知識を利用して施工業者を選択する方法もあると思います。

それでは明日また防水工事の続きをしますので投稿したいと思います