こんにちはリメイクホーム代表の竹村です。今回は屋根の棟部分に施工するハイロールと呼ばれる商品についてご紹介させて頂きます。屋根の棟部分には昔から漆喰と呼ばれる白い粘土のような物詰めて棟の中の土を保護してきました。しかし漆喰は年数が経つと風雨の影響で固くなり、剥がれてしまう為、棟の中の土を流出させてしまいます。土が流出すると棟が崩れて瓦に隙間が生まれ最悪の場合雨漏りしてしまうケースがあります。そうならない為に漆喰を改めて施工する方法もありますが、漆喰は年数が経つといずれ剥がれることがあるのと、土を詰める為屋根が重たくなるというデメリットがあります。重量は何んと棟の長さ1mあたり12㎏程度の重さになる為、一般的な寄棟屋根30mとしますと、360㎏の重さとなります。ハイロールはアルミの薄いシートなので重量は同条件なら20㎏程度しかありませんので漆喰の約20分の1の重さになります。しかも漆喰のように再度改修をやり直す必要がほぼありません(耐久性30年)瓦屋根の場合、建物強度がもともと高い設計となっているため、漆喰でも問題はないのですが、少しでも軽量化したいとの要望もありますので★もしご用命があればリメイクホームまでお問合せください(*^^*)

既存の棟瓦を撤去しました

棟木を支持する為の金具(強力棟)を取り付け


棟木施工

ハイロール施工
棟瓦取り付け

完了

参考までに漆喰の場合