こんにちはリメイクホーム代表の竹村です。今回はシーリング工事について記載させて頂きます。一般住宅の外壁のほとんどはサイディングボート呼ばれる建材で施工されています。理由はサイディングが工場の天候に左右されない環境で製造でき生産が安定することや施工が簡単で速い為工数が掛からないことが挙げられます。他にも美観 etc.とにかく今までの塗壁施工と違い様々なメリットがあります。ただ張り付けて施工するサイディングにも唯一のデメリットがあります。それはパネルとパネルの間に防水材(シーリング)の施工が必要です。シーリング材を施工しないと場合によっては雨が建物内に侵入してくるケースがあります。もちろんサイディングの設計上シーリングが劣化しても雨漏りしないように設計されていますが、絶対ではありませんし、特に建売などで建築物が安く施工されている場合に施工業者が手抜き施工をしてしまう場合があり、有り得ない箇所から雨が浸入してしまうケースがあります。せっかく外壁の改修工事をするのであればこの部位を兎に角しっかりメンテナンスすることが重要ですのでポイントとして押さえておいて下さい。

既設シーリング撤去

養生・プライマー塗布(接着剤) 溝の赤い部分 ボンドブレーカー呼ばれるテープ
絶縁テープ」とも言い、目地が深くない場合に、シーリング材3面接着を回避する目的で目地底に張り付けるテープ状の材料。
シーリング打設 ヘラ押さえ

養生外し

仕上がり

仕上がり