こんにちはリメイクホーム代表の竹村です。本日は愛知県尾張旭市のとあるお宅でカラーベストの差し替えを行いました。カラーベストの特徴を下記に記載しましたので良かったら呼んでください。

軽量で耐震性に優れている
一般的な陶器瓦の半分の重量ため、屋根を軽くし、建物全体の重量を軽くするため、耐震性にも優れています。さらには、工期が短く、材料費が安価で施工できるためコストパフォーマンスの面で見ても優れている屋根材であると言えるでしょう。

表面の塗装が経年劣化しやすいため、定期的にメンテナンスする必要がある
カラーベストは、主成分であるセメント自体には防水性がなく、表面に塗料が塗られた状態で使用されています。しかし、約10年が経過し塗膜が劣化すると、防水性が低くなってしまいます。そのため再塗装するなどの定期的なメンテナンスが必要となってしまいます。また屋根材が薄く施工中に割れやすい

作業風景を添付しますが、たった1枚2枚替えるだけでも一苦労です。現在どちらの建築業者も職人が不在で思うように作業が出来ていません。幸い当社では職人が時間を作っ空けてくれるので、お申込みいただけましたら、年内でもまだ屋根工事承れますよ♪しかも職人は1級技能士で全国屈指の腕前の職人です。

カラーベストを抜き取る為にサーベルのような工具で釘を抜きます

薄い屋根材なので割れないように注意しながら丁寧に作業をしていきます。

結局割れちゃいました (´;ω;`)

こうなったら一から棟板金を外して交換します。

換気棟の近辺も割れて無くなっています。

雨水入り放題

????換気棟の下の素地の納まりがおかしいぞ隙間無さすぎ・・・

湿気抜けにくいぞ これでは・・


張替え完了



板金と板金の重なり部のシール処理をします。

既存はされていませんでした

棟を戻して完了