こんにちはリメイクホーム代表の竹村です。本日は屋根からの雨漏りも修繕しました。実は屋根を正しく葺く(ふく)のはかなりの技術と知識が必要で、プロの屋根職人でも間違えた屋根の納まりで施工しているケースがあります。間違えていても雨漏りするのとは限らないのでそんなに心配する必要はありませんが、あまり安く施工を請け負ってくれる業者には注意が必要です。機械が施工する訳じゃないのでまだまだ価格と品質は比例します。安かろう良かろう余程でないと出会えませんので気を付けてください。
屋根の袖部分をケラバといいますケラバ部分の雨仕舞(あまじま)が悪く軒裏にシミが出ていました。


軒先に板金が入っておらず防水シートも巻かれていません。これでは雨漏りしてしまいます。この職人さんはなんと屋根の1級技能士の全国大会で愛知県代表で全国3位の実力者です。余談ですが、愛知は瓦の町で全国でも有名なのでグランプリ出場者を決めるのも大ごとだそうです(笑)めちゃくちゃ屋根のことに詳しくめちゃくちゃ頼りになります。私もまだまだ勉強不足を実感させられます。