こんにちはリメイクホーム代表の竹村です。外壁サイディングについてお話させて頂きます。サイディングには工場出荷時にデザインを付け出荷しているタイプ(タイル調)と工場では塗装せず現場で外壁を張り付けてから柄や色を付ける現場塗装品タイプの2種類があります。こちら工場でデザインを付けて出荷されているタイプのサイディングが施工されていました。このようなサイディングを塗装する時まず検討することは、写真のようにクリヤーの再塗装をするのかはたまた色を塗って柄を潰すのかを一番最初に検討するのが良いでしょう。塗料の種類は本当に多くてどうしたらよいのか悩んでしまってキリがありません。ですから、まず見た目を選択することから始めるといいのではないかと思います。見た目は2者択一で塗り潰すのかクリヤーで現状の見た目を維持するのか選びやすいからです。見た目をどうしたいのかが決まれば、後は耐久性が何年くらい有るのか・汚れに強いのか等を次に検討すれば良いいので割と選択しやすくなると思います。個人的にはタイル調のサイディングは塗り潰すとせっかくのデザインが消えてしまうので少し勿体ないのでクリヤーを断然お勧めします。しかしクリヤー塗装をするには新築してから施工までのタイミングが非常に重要です。クリヤーを塗装すると補修の跡が全部丸見えになってしまう為せっかく塗り直しても見た目が悪ければ本末転倒です。車のコーティングをする時に板金補修や傷を直をさずにコーティングする方はいませんよね?外壁塗装をする時も同じで、必ず補修をします。しかし車と違う点は外壁塗装にコーキングやパテを塗る補修の技術は有っても補修跡を消したりぼかしたりする技術がありません。したがって補修の跡がもろに仕上がりに反映してしまうのです。ですからクリヤー塗装を選択する場合は極力補修の必要のない築年数が浅い内に施工することが大切です。外壁が古くてもクリヤーは施工は出来ますが傷跡はもちろんですが耐久性にも影響することが実験で分かっているので注意してください。

シーリングには変成シリコンのクリヤーを使用します。めっちゃ珍しい材料です。知らん業者さんの方が多いはず(*^^*)

ひび割れた跡が塗装後も残ります。
ビスの跡もバッチリ残ってしまいます( ゚Д゚)

クリヤーの施工風景