こんにちは。リメイクホーム代表の竹村です。本日は屋根塗装工事についてご紹介させていただきます。まず屋根には一般的な瓦の屋根・セメント系のスレート・金属系屋根材の大きく3つに分類されます。その中でも屋根塗装といえばこれというのがカラーベストです。カラーベストは厚みが薄く軽量な点では瓦より優れますが、耐久性は低い為定期的にメンテナンス(塗装)が必要になります。メンテナンス(塗装)する際当社が特に注意しているのが下塗りです。下塗りは下地調整とも言われていて、正にその調整の仕方で耐久性や仕上がりに大きく影響してきます。ホームページにも掲載していますが、塗装した下塗りでカラーベストがしっかり濡れ色になるまで塗装せずに上塗りをしてしまうとムラになりしっかり造膜しない為耐侯性が本来の塗料の性能より低くなってしまいます。屋根だけではななくどの部位でもそうですが、上塗り材の種類に拘る前に、下地調整に気を使い、上塗り材でしっかり造膜することが大事なので、そのあたりを詳しく説明してくださる業者さんをお選びください。

本日は屋根の塗装の下塗りについてご説明させて頂きました。